【必見】「見るだけでコロナが“治る”テレビ映像」が全米大反響! TVを通した“遠隔コロナ治療”とは!?

【必見】「見るだけでコロナが治るテレビ映像」が全米大反響! TVを通した遠隔コロナ治療とは!?の画像1

 新型コロナウイルスの感染者が全世界で33万人を超えた。中国から太平洋をはさんで遠く離れたアメリカでもわずか2日で感染者が倍増し、その数は3万人を超えたことをマイク・ペンス米副大統領が22日の記者会見で発表。とどまることを知らない新型コロナウイルスの猛威……だが、ここに来てある“福音”がもたらされた。

 アメリカでは「テレバンジェリスト」と呼ばれる、テレビを通じてキリスト教をひろめる伝道師が多くいる。その歴史は長く1950年代から続いており、宗教大国アメリカを特徴づける文化の1つと言えるだろう。「Believer’s Voice of Victory(信仰者の勝利の声)」というテレビチャンネルで妻のグロリアさんとともに伝道活動をしているケネス・コープランド氏もその1人だ。83歳でなお精力的な活動を続けているが、その若さの秘訣は篤い信仰心なのだろうか?

 米オンラインマガジン「LGBTQ NATION」(3月13日付)によると、そんなコープランド氏がこの度、コロナ騒動で荒れてしまった米国民の心と体を癒す試みとして、とんでもないことを行ってしまったというのだ!

 カメラに向かって手を向けるコープランド氏。手には油が塗られているが、そのままこう視聴者に呼び掛けた。

「テレビに手を置いて下さい。ハレルヤ。主ジーザスに感謝します。彼はあなたの癒しを受け取りました。さあ言ってください。『私はそれを受け取ります。私はそれを持っています。それは私のものです。私はジーザスに感謝し、賛美します』。主の鞭打ちにより私は癒されました」

 Twitterに投稿されている動画では、コープランド氏の言う通り上記の言葉を復唱する視聴者の声が聞こえてくる。たかだか一介の伝道師が神を思い通りに操るなんて、それこそ冒涜行為ではないかという気もするが、海外メディアの中には彼がコロナを「治療」したと報じるところもあった。

 コープランド夫妻はこれまでもワクチン接種に反対する発言をしており、信仰心が免疫を強化すると喧伝していることでも知られている。たとえば、2008年にグロリアさんは「Believer’s Voice of Victory」でこう語っていたそうだ。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ