「新型コロナは全人類抹殺のため中国が作った生物兵器」日本人医師が断言! 治療法なし、ウイルスは体内に永遠に残る!

「新型コロナは全人類抹殺のため中国が作った生物兵器」日本人医師が断言! 治療法なし、ウイルスは体内に永遠に残る!の画像1
画像は「getty images」より

 新型コロナウィルスは本当に生物兵器だったのか? 当初は単なる陰謀論の1つだと目されていたが、米中の政治家が互いにその責任を追及する状況を鑑みるに、噂以上の何かがここにはありそうだ。

 そうした中、「すごうウィメンズクリニック」院長の産婦人科医・菅生紳一郎医師が、「新型コロナウィルスに関して」と題した驚くべき文章を公開した。前置きには「新型コロナに関して、Web上には『~~かもしれない』という情報が多数流れていますが、以下が真実です」と書かれている。

 以下、箇条書きで重要と思われる点を抜粋した。

●新型コロナウィルスの発生源

・新型コロナは中国が製造した生物兵器。人類を抹殺する目的で設計されたので、治療は存在しない。
・2019/11末に中国科学院武漢ウィルス研究所から、事故によって漏れた。
・最初の感染犠牲者は、同研究所の「黄」という女性。既に死亡している。

 新型コロナウィルスが「中国科学院武漢病毒研究所」から漏洩した可能性についてはトカナでも報じている。元イスラエル軍諜報官のダニー・ショーハム氏も、同施設では秘密裏に生物兵器を開発しており、新型コロナウィルスが施設から漏れ出した可能性があると指摘していた。また、科学誌「Nature」のニュース記事(2017年2月23日付)では、米ラトガース大学の分子生物学者リチャード・エブライト氏が、過去に北京の実験施設から何度もSARS(重症急性呼吸器症候群)ウィルスが漏洩していたと警鐘を鳴らしている。菅生医師が言うように今回の新型コロナウィルスも「事故によって漏れた」可能性は十分あるだろう。

 また感染から発病までの潜伏期間にバラツキがある理由は、新型コロナウィルスが2種類存在するからだと菅生医師は指摘している。潜伏期間が短いものは戦場で敵兵を殺すのに使い、潜伏期間が長いものは戦争状態にない敵国を滅ぼすために使われるとのことだ。

「新型コロナは全人類抹殺のため中国が作った生物兵器」日本人医師が断言! 治療法なし、ウイルスは体内に永遠に残る!の画像2
画像は「すごうウィメンズクリニック」より

●特効薬

・アビガン錠は病態の初期に服用する薬です。病状が進んでからは効果なし。

 新型コロナウィルスの特効薬として注目されているアビガン錠だが、菅生医師によると重症者には効かないという。日本では重症者を中心に検査しているため、新型コロナウィルスの感染が判明してからの服用では間に合わないということだ。また、菅生医師は「(新型コロナウィルスは)人類を抹殺する目的で設計されたので、治療は存在しない」と断言している。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ