【閲覧注意】飲酒運転しかけたバイカー、次の瞬間に信じられない事態発生! 秒で地獄行き… 皮肉と恐怖しかない激ヤバ映像

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】飲酒運転しかけたバイカー、次の瞬間に信じられない事態発生! 秒で地獄行き… 皮肉と恐怖しかない激ヤバ映像の画像1画像は、「BestGore」より

 韓国の人気男性ボーカルデュオ「Fly to the Sky(フライ・トゥ・ザ・スカイ)」のファニが、今月21日午前6時(現地時間)、京畿道・龍仁市の道路で酒を飲んだ後に自家用車のベンツを運転して接触事故を起こした。事故処理の際に保険会社の申告で飲酒が発覚したという。血中アルコール濃度は、免許停止に該当する0.061%だった。ファニの所属事務所「H2メディア」は謝罪文を公開した。

 飲酒運転事故のニュースが世界各国で毎日報道されているにもかかわらず、愚行は後を絶たない。ファニのような有名人ですら、自らのキャリアを棒に振ることになるとわかっていながら、飲酒後に車を運転してしまう。これは、事故の恐ろしさを実感していないことが原因なのかもしれない。そんな彼らに見せたい監視カメラ映像が海外の過激ニュースサイト「BestGore」で公開されている。

 映像は、パラグアイ中央県の都市フェルナンド・デ・ラ・モラで先月21日午後11時頃(現地時間)に撮影されたものだ。カメラの真下に停められているバイクに、タバコをくわえた男がまたがった。彼は袋の中から缶ビールを取り出し、口を開けて飲もうとする。次の瞬間、画面左側から猛スピードで車が突っ込んできて彼に衝突し、そのまま見えなくなってしまった。解説によると、彼は一命を取り留めたものの重症を負い、車の運転手は飲酒運転の罪で逮捕されたという。飲酒運転未遂のバイカーが飲酒運転の車に撥ねられるという、ブラックユーモアのような交通事故である。

 こうした悲惨な飲酒運転を撲滅するため、各国政府は規制強化に乗り出している。ベトナムでは今年1月1日から、厳格な罰則が定められた新飲酒運転禁止法が施行された。新飲酒運転禁止法は、違反したバイカーに最大で800万ドン(約3万8千円)の罰金と2年間の免許停止処分を科す。罰金の最高額が2倍に引き上げられ、免停期間もこれまでの5カ月をはるかに上回っている。結果、1月前半だけで6279件の飲酒運転が摘発され、合計で210億ドンの罰金もの罰金が科されたという。

 酒を飲むことは各国の文化とも結びついているため、モラルに訴えかけるだけでは飲酒運転撲滅は難しい。国による飲酒運転の厳罰化が求められている。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】飲酒運転しかけたバイカー、次の瞬間に信じられない事態発生! 秒で地獄行き… 皮肉と恐怖しかない激ヤバ映像のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?