賛否両論! K-1の開催強行問題の裏に在日コネクションと苦しい台所事情!?

関連キーワード:

,

,

賛否両論! K-1の開催強行問題の裏に在日コネクションと苦しい台所事情!?の画像1
K-1公式サイトより引用

 なぜK-1は開催を強行したのか――。

 国の自粛要請を拒否して、K-1が22日にさいたまスーパーアリーナで大会を強行した。同大会を巡っては、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、西村経済再生担当大臣と埼玉県が自粛を要請していたが従わず、全国各地からのべ6500人が参加した。

 主催者側は「来場者へのマスク配布」「チケットの半券に住所や電話番号を記入し、感染者が出た際には追跡できるような環境づくり」などを約束して、強行。埼玉県の大野元裕知事は現地に赴き「何度も要請したにもかかわらず、協力いただけずに開催したことは残念です。基本的に止める権利はないので、ご協力いただきたかった」と述べた。

 一方、元大阪府知事の橋下徹氏はツイッターで「法に基づかない要請も、法に基づく指示も国民に対する影響力は同じ。どちらも罰則がないのに、国民は普通従う。権力からの要請はそれほど影響力があるので法で縛る必要がある。実際、権力側には法に基づかず中止させようとする意図があった。法に基づく指示は区域、期間、種類を定めなければならない」と持論を展開し「法があくまでも要請にとどめているのは補償を回避するため。憲法29条3項に抵触しないように各国『要請』にした。ところが政治行政は事実上のプレッシャーをかけて中止に追い込む。そして補償はしない。究極の悪知恵」と、国側の態度に苦言を呈した。

 ネット上でも賛否両論渦巻いており、開催を「英断」と評価する声もあれば「感染者が出たらどう責任取るんだ!」と追及する声も上がっている。24日の「夕刊フジ」は観客の中に発熱を訴えた者がいて「PCR検査を受けた」と報じ、ちょっとした騒ぎになった。

 ただし、これに関しては「埼玉県知事が県内の保健所などに確認したところ『そのような人はいなかった』と発表している。夕フジの記事はでかいニュースの割に掲載スペースが小さく、妙な作りだった。業界では夕フジの〝飛ばし〟と見る向きも多い」(ワイドショースタッフ)という。

 K-1サイドはこうしたリスクを承知してなぜ開催にこだわったのか?

 1つは金銭面だ。「さいたまスーパーアリーナを借りていますからね。大会が中止になれば保険はきかず、大損害を被ることになる。K-1には〝キックの神童〟那須川天心と並ぶスーパースターの武尊選手がいますが、興行的には毎回綱渡り。金欠なため、開催しないと今後の運営が危うくなる恐れがあった」とは格闘雑誌の編集者。

 もう1つは、オーナーの存在だ。大会はいずれも「K-1実行委員会」が主催しているが、実質的なオーナーは韓国系の経営者X氏と言われる。スポーツ紙記者の話。

関連キーワード