【新型コロナウイルス】マクドナルドやユナイテッド航空… 大手企業CEOが「流行直前に大量退任」発覚! 史上最大の1400人… 情報知ってた可能性!

【コロナ】マクドナルドやユナイテッド航空… 大手企業CEOが「流行直前に大量退任」発覚! 史上最大の1400人… 情報知ってた可能性!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 米国の大企業で、昨年からCEOの“大量退職”が続いていることをご存知だろうか。今でこそ新型コロナウイルスのパンデミックで大不況が起こりつつあるが、昨年は米株式市場も好調が続いており、大手企業の多くは堅調な業績を上げていた。それなのに、2019年だけで1400人を超えるCEOが退任していたというのである。これは2006年のリーマンショック後より多い水準となる。以下は、2019年に退職したCEOリスト(敬称略)のほんの一部である。

・ナイキ マーク・パーカー
・マクドナルド スティーブ・イースターブルック
・ボーイング デニス・ミューレンバーグ
・ユナイテッド航空 オスカー・ムニョス

・ワーナーブラザーズ ケビン・ツジハラ
・アルファベット ラリー・ペイジ
・ニューヨークポスト ジェシー・アンジェロ
・ヒューレット・パッカード ディオン・ワイスラー
・クラフト・ハインツ ベルナルド・ヒース
・eBay デヴィン・ウェニッヒ
・メットライフ スティーブン・カンダリアン
・アンダーアーマー ケビン・プランク

 老舗・新興企業問わず、スポーツ用品メーカー、ファストフードチェーン、映画会社、IT企業とあらゆる業種の名だたる大企業でCEOが退職していることがお分かりになるだろう。このトレンドは今年に入っても続いており、今年に入ってからもウォルト・ディズニーのボブ・アイガーハーレーダビッドソンのマット・レバティッチなど、すでに200人以上のCEOが退職している。

【コロナ】マクドナルドやユナイテッド航空… 大手企業CEOが「流行直前に大量退任」発覚! 史上最大の1400人… 情報知ってた可能性!の画像2
画像は「CCN」より引用

 不況や業績悪化、社内問題のためにCEOが逃げるように退任することは珍しくなく、ここにリストアップしたCEOの多くも“もっともらしい理由”をつけて辞任している。好況の時にあえて辞任するメリットとして退職金の増額があり、業績低下とセクハラで辞任したマクドナルド元CEOも7千万ドルの退職金を受け取ったとされる。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ