【新型コロナウイルス】マクドナルドやユナイテッド航空… 大手企業CEOが「流行直前に大量退任」発覚! 史上最大の1400人… 情報知ってた可能性!

【コロナ】マクドナルドやユナイテッド航空… 大手企業CEOが「流行直前に大量退任」発覚! 史上最大の1400人… 情報知ってた可能性!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 米国の大企業で、昨年からCEOの“大量退職”が続いていることをご存知だろうか。今でこそ新型コロナウイルスのパンデミックで大不況が起こりつつあるが、昨年は米株式市場も好調が続いており、大手企業の多くは堅調な業績を上げていた。それなのに、2019年だけで1400人を超えるCEOが退任していたというのである。これは2006年のリーマンショック後より多い水準となる。以下は、2019年に退職したCEOリスト(敬称略)のほんの一部である。

・ナイキ マーク・パーカー
・マクドナルド スティーブ・イースターブルック
・ボーイング デニス・ミューレンバーグ
・ユナイテッド航空 オスカー・ムニョス

・ワーナーブラザーズ ケビン・ツジハラ
・アルファベット ラリー・ペイジ
・ニューヨークポスト ジェシー・アンジェロ
・ヒューレット・パッカード ディオン・ワイスラー
・クラフト・ハインツ ベルナルド・ヒース
・eBay デヴィン・ウェニッヒ
・メットライフ スティーブン・カンダリアン
・アンダーアーマー ケビン・プランク

 老舗・新興企業問わず、スポーツ用品メーカー、ファストフードチェーン、映画会社、IT企業とあらゆる業種の名だたる大企業でCEOが退職していることがお分かりになるだろう。このトレンドは今年に入っても続いており、今年に入ってからもウォルト・ディズニーのボブ・アイガーハーレーダビッドソンのマット・レバティッチなど、すでに200人以上のCEOが退職している。

【コロナ】マクドナルドやユナイテッド航空… 大手企業CEOが「流行直前に大量退任」発覚! 史上最大の1400人… 情報知ってた可能性!の画像2
画像は「CCN」より引用

 不況や業績悪化、社内問題のためにCEOが逃げるように退任することは珍しくなく、ここにリストアップしたCEOの多くも“もっともらしい理由”をつけて辞任している。好況の時にあえて辞任するメリットとして退職金の増額があり、業績低下とセクハラで辞任したマクドナルド元CEOも7千万ドルの退職金を受け取ったとされる。

コメント

3:匿名 2020年3月30日 13:28 | 返信

>> 1

出所不明の怪しいトカナ的記事なんて報道するわけないだろう。トカナが扱っている時点で、都市伝説以下だよ。生物兵器にできるかどうかという条件に新型コロナは全く当てはまらない。取扱いやすさ、活性の維持、人→人感染の少なさ、コントロールのしやすさなどが条件になってくるが、全て当てはまらない。現実的なのは炭疽菌くらい。したがって、国家は兵器としてこんなものは使わない。使うとしたら、テロ組織のような国家から離れた組織だ。

2:匿名 2020年3月27日 15:05 | 返信

1です。補足の内容
CEOとかのポジションは取締役会を経て決まる事だから、株主や報道で世間に公開される情報なので、テレビ新聞でも普通に報じていいはず
コロナウイルスが鎮静化するのは月単位で時間が掛かると思うけど
落ち着いた頃にでもいいからCEOの退任の話題をテレビ新聞が扱って欲しい

1:匿名 2020年3月27日 11:21 | 返信

この記事って
テレビや新聞が報じるだろうか?、たぶん報じない
何かの番組でコメンテーターが言うだろうか?、、、安全運転の人、その事に触れない人物を選んでオファー
週刊誌が書くだろうか?、週刊誌が書く事に期待したい
報じるのは他にはあるかな?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。