3月29日は歌う修道女ことラ・スール・スーリールが自殺した日! ポップスター、過激な宗教家、レズビアンとしての心中…

3月29日は歌う修道女ことラ・スール・スーリールが自殺した日! ポップスター、過激な宗教家、レズビアンとしての心中…の画像1
(画像はウェブサイト『SO MANY RECORDS, SO LITTLE TIME』より)

『ラ・スール・スーリールの心中を報じる米『ニューヨークポスト』紙』

 1985年3月29日は、1963年に発売したレコードに収録した『ドミニク』が全米ビルボードチャートでナンバー1を獲得し全世界的な話題になった”Singing Nun(歌う修道女)”ことラ・スール・スーリールが親友アニ・ペシェルとともに心中を遂げた日である。


 1959年、ベルギーのドミニコ会フィシェルモン修道院に入り修道女としての活動を開始したジャンヌ=ポール・マリ・デッケルス。


 そこで習得したギターで思わぬ才能を発揮したために1963年に“ラ・スール・スーリール”としてレコードデビュー。


 そこからは驚異的なシンデレラストーリーであり、『ドミニク』のナンバー1ヒットを受けて当時の世界的スターの登竜門、米『エド・サリヴァン・ショー』に出演するなど、社会的現象ともいえる人気スターとなった。


 しかし元々芸能志向ではなかったこともあり、1967年に歌手活動をを停止。


 宗教的な活動に力を入れたが、ほどなくして過激な思想に没入し、カトリック教徒でありながら産児制限を主張する等の異端、革新的な人物であった。


 その流れで活動停止直後でありながら『黄金のピルのために神の栄光あれ』なる当時としては早期に失したピル賛歌歌を出すほどであった(セールスは大失敗)。


 その後、10年来の私生活のパートナーでもあったアニー・ペシェルと開いた自閉症センターもスーリール自身の税金問題により閉鎖に追い込まれ、多額の負債を抱えた彼女は1982年に音楽ビジネスへの復帰を画策した。


 しかし既に世界的スターダムから20年が経った歌う修道女には、世間の視線は集まらず、困窮の中で心中を決意。


 アニーとスーリールはバルツビール(睡眠薬)とアルコールを過剰摂取するという、カトリック修道女らしからぬ手法でこの世から去っていったのだった。


 修道女からポップスターに、そして過激な宗教家からレズビアンとしての心中と、ラ・スール・スーリールのどこまでもオリジナルなその人生は、いまだに他の類を見ない奇跡であり続けている。

 

<3月29日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ