TKO・木下隆行が宮迫博之とタッグ!? YouTube業界で巻き起こっている“お笑い芸人戦争”とは!?

関連キーワード:

,

,

,

TKO・木下隆行が宮迫博之とタッグ!? YouTube業界で巻き起こっているお笑い芸人戦争とは!?の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 今年に入って、吉本興業所属の芸人たちが次々とYouTubeにチャンネルを開設している。吉本ではすでにキングコング梶原雄太ことカジサックや、オリエンタルラジオの中田敦彦らが参入しており、大きな成功を収めている。テレビの地盤沈下が進む中、他の芸人たちもYouTubeに活路を見出そうと動き出したということなのだが…実はそれだけではない。吉本の仇敵・宮迫潰しという“密命”もあるのだ。

 ここ最近だけでも東野幸治、ココリコ・遠藤章造、陣内智則、かま いたち、森三中、はんにゃ・川島章良などが相次いでYouTubeに参入している。

「ビジネスチャンスに目ざとい吉本は何年も前からYouTubeなどのネットビジネスに乗り出していた。他の 芸能事務所なんかよりよっぽど早かったくらい。カジサックや中田という成功例も出ている。それがここに来て、急加速している」( 吉本関係者)

 カジサックや中田だけではなく、他の事務所の芸人、例えばヒロシなどのチャンネルは人気で、それこそYouTubeだけで億単位の収入があるとも言われている。テレビのギャラは年々下がり、現在は営業も新型コロナウイルスの感染拡大の影響で出来ない。もち ろん大きな収益をもたらした闇営業は昨年の一連の騒動で不可能になった。そんな状況の中、先駆者たちの成功例を見て「後に続け! 」となることは自然だろう。

 しかし、目立つほど参入者が急増しているのは、それが理由だけではない。闇営業問題で吉本にケンカを売った雨上がり決死隊・宮迫博之を潰すという目的もある。

「宮迫は明石家さんまを頼りながら 、テレビ復帰が難しいとなると、さんまの反対を押し切ってYouTubeに進出。YouTuberのヒカルと組んで、 連日投稿している。吉本はウソをついた上に吉本幹部を悪者にして逃げ切ろうとした宮迫のことを未だに恨んでおり、許すつもりはない。人気芸人を大量投入して、宮迫のチャンネルから視聴者を奪い取ろうとしてる」(芸能プロ関係者)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ