志村けん、報じられているより数段ヤバイ「新型コロナ」病状! 人工心肺に加えて、日本未承認の新薬も実験投与の可能性

関連キーワード:

,

,

 人工心肺は重症患者の切り札。肺炎により肺での酸素の取り込みができなくなった患者に用いられ、自分の肺の機能が回復するまで、人工肺が肺の機能の代わりを担う。すでに国内外でも多くの患者の命を救ってきたが「結局のところ最後は本人の免疫力・回復力にかかっている。若い人は人工心肺を使えば高確率で回復するが、高齢者は体力も落ちているので、ウイルスとの1対1の勝負に必ず勝てるとは言いきれない。予断を許さない状況だと思う」(同)と思う。

 幸いにも志村の転院先はナショナルセンターで、最先端の医療を受けることができる。世界中がコロナ渦でパニックになるなか、著名人の感染とその後の経過は、世間に大きな影響を及ぼす。そうした国民への心理的側面を考慮し「もっか専門チームが24時間体制で志村さんの治療にあたっている。ある意味、VIP待遇。人工心肺装置でも回復が芳しくない場合は、日本未承認の抗ウイルス薬の投与も考えられるでしょう。ナショナルセンターなので、治験の許可はおりています」(別の医療関係者)。志村の1日も早い回復を祈るばかりだ――。

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

志村けん、報じられているより数段ヤバイ「新型コロナ」病状! 人工心肺に加えて、日本未承認の新薬も実験投与の可能性のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル