「信じれば効く」新型コロナウイルスの治療薬がチベットに存在か! ダライ・ラマ法王日本代表部事務所代表が暴露(インタビュー)

「信じれば効く」新型コロナウイルスの治療薬がチベットに存在か! ダライ・ラマ法王日本代表部事務所代表が暴露(インタビュー)の画像1
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所代表 ルントック氏

 世界各国で感染拡大が一向に収束せず、全人類を震撼させている新型コロナウイルス。ワクチン開発には1年以上を要すると考えられているが、朗報もある。なんと、インドのダラムサラ(ヒマーチャル・プラデーシュ州)にあるチベット医学センターが開発した薬が、コロナウイルスにも効果があるというのだ。

 ただし、それは僧侶が願いをかけた薬草を継続的に身に付けることで効果が出る「願薬」であり、西洋医学の観点から効果を立証できるものではないそうだ。チベット医療はアーユルヴェーダ(インドの伝統医学)、ギリシャ医療、中国の漢方などさまざまな伝承療法を取り入れて7~8世紀に発展した。そもそも、チベット医療ではチベット僧が医師を兼任しており、患者の身体のみならず精神性まで考慮するなど、根底に仏教の考え方が深く根付いたものである。

「信じれば効く」新型コロナウイルスの治療薬がチベットに存在か! ダライ・ラマ法王日本代表部事務所代表が暴露(インタビュー)の画像2
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

 中国共産党から徹底的な弾圧・迫害を受けるチベットの人々だが、日本を含む東アジア地域を管轄する窓口の役割を果たす代表機関が、東京都新宿区西落合の閑静な住宅地にある。筆者は今回、新型コロナウイルスにも効果を発揮するという願薬の真相と、チベット医療の神秘を知るため、この「ダライ・ラマ法王日本代表部事務所」の代表(実質的に日本におけるチベット亡命政権の大使)であるルントック氏にインタビューを敢行した。

■病の治療で精神面を軽視するな

――よろしくお願いいたします。チベット医療の特徴とは、どのようなものでしょうか?

ルントック  チベット医療では、それぞれ行動や性格が異なる人間の身体について、五大元素(地、水、火、風、空)を元にルン(風の元素)、ペーケン(地と水の元素)、ティーパ(火の元素)の3つの体質があり、さらに、その3つの体質も5種類に分けられると考えます。

 そして、それぞれの体質にあった治療法を、患者の精神性を考慮したうえで施します。仏教の考え方である、トン・貪(欲望)、シン・瞋(憎しみ)、チ・痴(無知)も病に影響すると考え、適した漢方が処方されるのです。また、医食同源(病気の治療も普段の食事も人間の生命を養い健康を維持するためのもの)という考え方も重視されます。

――では、今回の新型コロナウイルスにも効くという薬はどのようなものでしょうか?

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ