志村けんさんの死が示す新型コロナの本当の恐ろしさとは!? 「進行がケタ違いに早く、重篤化した」原因ーー?

「新型コロナは肺への攻撃に特化したウイルス。志村けんさんの場合は70という高齢も含めて、症状が悪化する条件をすべて兼ね備えていた」(同)

 あっという間に稀代のコメディアンを奪い去っていったコロナウイルス。残酷なのは、亡骸になってもコロナウイルスは体内に残っているため、弔問者は志村けんさんとの対面も叶わぬことだ。スポーツ紙記者は「親族も感染の危険があるので、遺体に近づいてはいけない。あれだけ人に囲まれて飲むのが好きだった人が、最期は孤独のなか荼毘にふされることになる。こんな悲しいことはない」と天を向く。厚生労働省のガイドラインでは、新型コロナウイルスに感染した人の遺体について、「非透過性納体袋に収容、密封することが望ましい」とし、葬祭業者に対して、遺族等の意向にも配慮しつつ、「極力そのままで火葬するよう努めてください」としている。

 ザ・ドリフターズのメンバーで〝盟友〟の加藤茶は「コロナが憎い」とコメント。本当にその言葉しかない――。

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ