「還暦の超熟女」がネットでストリップ、月30万円の荒稼ぎ! 学生や既婚男性に大人気…日本でも急増する!?

関連キーワード:

,

,

「還暦の超熟女」がネットでストリップ、月30万円の荒稼ぎ! 学生や既婚男性に大人気…日本でも急増する!?の画像1
「私は自分のことをセックス・ワーカーだと思っているわ」とタミさんは言う(英「メトロ」より)

 日本にも熟女好きの男性は少なくないが、米国では“超熟”の域に達した女性ストリッパーに注目が集まっている。

 かつては社交ダンスの踊り手だったタミ・バルティンさん(60歳)だが、57歳の時に20年連れ添ってきた相手と別れたのを機に、ネットのカムガール(Webカメラ・モデル)となり、大人気となっているのだ。

 英「メトロ」が伝えたところによると、カリフォルニア州ロングビーチに住むタミさんは、もともとマッチングアプリを利用していたのだが、年齢などの理由から、時に一部の男性から品のないコメントを送りつけられることもあった。

 それを見かねたマッチングアプリの運営者が、タミさんにWebカメラ・モデルをやることを勧めてきた。タミさんのようなルックスは男性たちに好まれるからだという。そこでタミさんは、マッチングサイトで主導権を取り戻すためにも、挑戦することにした。

 タミさんは下着姿でライブチャットに登場し、太もものクローズアップや裸を披露しており、1時間で200ドル(約2万2,000円)、多い時では月に3,000ドル(約33万円)もの収入があるという。

 驚くのは彼女の顧客たちで、18~35歳までの学生や既婚者がほとんどなのだという。人の好みというのは、本当に千差万別である。

 タミさんには孫もいるのだが、家族がこの仕事をどう思おうとまったく気にしていない。むしろ、この仕事をやっていることで自分の人生を思いのままにしていると感じるようになり、初めて自分自身に誇りを持てるようになったという。

「私の足フェチの写真は特に人気があるわ。私の足は関節が柔らかいし、つま先も長いのよ」

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ