東北の寒村に受け継がれる「真の男女混浴」エロ文化! 見慣れた裸ばかり、老若男女で…

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】

東北の寒村に受け継がれる「真の男女混浴」エロ文化! 見慣れた裸ばかり、老若男女で…の画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より

 人間というものは実に不思議なもので、たとえ同じものでも、隠されていると気になり、逆にあけすけにされていると、何ら関心を寄せないという性質があるようだ。

 

「そりゃあ、よその人からすりゃそう思うかもわからんけど、このあたりじゃ昔からそうしてるから、全然変なふうに思いやしないよ」

 

 今なお、東北地方のとある山深い寒村で行われているという、不思議な習慣についてそう語るのは、当地の出身で、今なお米作農家を営んでいる河野良治さん(仮名・81)。河野さんの話によると、当地においては、昔から当たり前のように、男女混浴の習慣が続けられているという。

 

「ここいらじゃ、昔から温泉が出るんだけど、それぞれの家に温泉を引くと面倒なもんだから、みんな集落ごとの共同風呂に入るの。でもそんなに大きな風呂じゃないから、男も女も一緒だよ」

 

 各家庭にある風呂を使わず、集落ごとの共同浴場を使うという地域は、現在も日本各地に点在しているが、時間ごとに男女の利用を分ける形で運営されていることがほとんど。しかし当地においては、そうしたシステムが存在せず、老若男女問わず、すべての住民がいつでも入れる状態になっているという。しかしそれでいて“妙な気”を起こす者はなく、和気あいあいとした形で、日々、裸の交流が行われているというのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ