「新型コロナウイルスの特効薬はビタミンC」中国人有名医師の主張が世界的に話題! 治験も開始され… 結論に注目集まる!

 ビタミンCのマーケットは非常に大きい。世界全体で人々は、これまでビタミンCのサプリメントに11兆円以上を費やし、2024年までには、14兆円を超えると予想されている。

 通常、ビタミンCのサプリは風邪予防、そして美容効果を期待して服用される。しかしビタミンCの効用は、どうやらそれだけではないらしい。中国の医師が今、ビタミンCは新型コロナウイルスに対する有効性があると発表し、賛否両論とともに話題になっているのだ。

「新型コロナウイルスの特効薬はビタミンC」中国人有名医師の主張が世界的に話題! 治験も開始され… 結論に注目集まる!の画像1
「Daily Mail」の記事より

■コロナウイルス治療薬としてのビタミンC

 ビタミンCに風邪予防の効力があると初めに考えたのは、1970年にノーベル賞を受賞した科学者のリーナス・ポーリングである。

 その後の研究によると、ビタミンCは、感染症やインフルエンザなどのウイルスに関しては、病気と闘う白血球の生成を促し、微生物に侵入して殺す働きがあることが認められた。しかしポーリング博士が唱えた予防サプリメントとしての働きは、複数の研究が行われたものの実証するには至らなかった。

 言い換えれば、ビタミンCは風邪との戦いにはある程度役立つが、そのサプリメントを飲んでも、風邪予防にはならないということだ。

 しかし現在、一部の科学者たちは、新型コロナウイルスから記憶力の衰えに至るまで、他の疾病の治療薬としてのビタミンCの可能性を研究しているという。

「新型コロナウイルスの特効薬はビタミンC」中国人有名医師の主張が世界的に話題! 治験も開始され… 結論に注目集まる!の画像2
中国上海のリチャード・チェン博士 「Collective Evolution」の記事より

 中国では、高用量のビタミンCが、新型コロナウイルスを撃退するのに役立つかどうかを研究中だ。すでに3つの臨床試験が開始されたという。

 中国・上海のリチャード・チェン博士は、米国理事会認定のアンチエイジング専門医である。博士は、中国の武漢に住む女性の家族が、ビタミンC投与によって、新型コロナウイルスから救われたと語る。

 チェン博士によると、臨床試験では中等度および重度の症例に対し、1日あたり、ビタミンCを6,000mgおよび12,000mg投与するという。

 また武漢大学中南病院の研究者は、新型コロナウイルス感染者120人に対し、24000mgのビタミンCを7日間の間、毎日点滴し、効果を試験中だ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ