4月2日はスイスの心理学者ヘルマン・ロールシャッハが37歳で死亡した日! 心理テスト「ロールシャッハ・テスト」の生みの親

4月2日はスイスの心理学者ヘルマン・ロールシャッハが37歳で死亡した日! 心理テスト「ロールシャッハ・テスト」の生みの親の画像1
(画像はWikipedia「Rorschach Test」より。Public Domain)

『2番目の染みを落としたロールシャッハ・テスト』

 1922年4月2日は、スイスの心理学者、ヘルマン・ロールシャッハが死亡した日である。

 紙の上にインクを落下させ、それを閉じて開くことによりできた模様を分析するという心理テスト「ロールシャッハ・テスト」の生みの親として広く知られている人物である。

 インクの染みが4本足の動物——犬、ゾウ、クマに見えるというものもいることを利用し、被験者の深層心理を分析するというこのテストは、写真のように数種の色を使用するものと単色のものがある。

 このテストには、一部懐疑的な意見もあるものの、被験者の反応が想像しにくいということで、誕生からおよそ100年が経った現代でもいまだに深層心理の分析に実用され続ける息の長い検査法であり、それは近年になって大幅な進歩を遂げている心療医学の分野のものとしては極めて珍しいものである。

 ロールシャッハの優れた《思考》は、たった37歳でこの世を去った本人の人生を遙かに超え、3倍以上もの長寿を獲得し、今もなお生き続けているのである。

<4月2日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

4月2日はスイスの心理学者ヘルマン・ロールシャッハが37歳で死亡した日! 心理テスト「ロールシャッハ・テスト」の生みの親のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで