4月4日はメジャーリーガーのカール・メイズが死亡した日! MLB史上初デッドボールで死者を出した大投手

4月4日はメジャーリーガーのカール・メイズが死亡した日! MLB史上初デッドボールで死者を出した大投手の画像1
(写真はWikipedia Carl Mayzeより使用。Public Domain)

『ボストン・レッドソックス時代のカール・メイズ(1915年撮影)』

 1971年4月4日は、MLBボストン・レッドソックスやニューヨーク・ヤンキースといった人気球団を渡り歩いた投手のカール・メイズが死亡した日である。


 メイズはその15年の現役生活において208勝、31セーブを挙げるという紛れもない大投手であるが、彼のことをその成績で記憶する人物はいないだろう。


 彼が語られるのはいつも、ヤンキース所属時の1920年8月16日に行なわれたクリーブランド・インディアンスとの試合の、レイ・チャップマンに投じた1ストライク1ボールから彼が投じた3球目についてである。


 そしてそれは、MLB史上において唯一である試合中のデッドボールによって選手が死亡した事故の“加害者”としてのストーリーである。


 メイズの投じたストレートがチャップマンの左のこめかみに直撃し、その場で倒れたチャップマンの右耳からの流血を確認した審判は医師を呼ぶと、チャップマンは意識こそあるものの言葉が出てこない状況であったという。


 そのままスタッフに支えられクラブハウスに引き上げたチャップマンは近くの病院に緊急搬送されたが、デッドボールを受けてから12時間後の17日早朝4時40分に死亡した。


 球場を去る時に残したメイズへの言葉は、「大丈夫だとメイズに伝えてくれ」。その後もメイズはマウンドに残り、結果的には4-3で負ける試合で、9回で交代するまで投げ続けた。


 このメイズの起こした“死球劇”には複線があり、デビュー直後の1915年に当時のトッププレイヤー、タイ・カッブがその危険な投球にバットを投げつけ、その直後にメイズが死球をぶつけてみせるという実績が伴っていたのである。


 その後の舌戦も相まって、メイズには“ヘッド・ハンター(わざと死球を当てる投手)”としてのキャラクターができあがっていたことが問題視された。


 この因縁以降もメイズはバッターのインハイを突く危険な投球スタイルで四死球を量産し続け、この悲劇も、その“いつも通りの”投球スタイルが原因であった。


 さらに周囲を刺激したのは、メイズはこの投球が故意のものではないと警察に届け保身を図り、19日に行なわれた同一カードの出場選手で、唯一喪章を付けなかったことであった。


 その後もメイズはその事故について一切謝罪をしないばかりか、審判やチャップマンを批判する発言を繰り返し、79歳で死ぬ直前にもチャップマンを批判してこの世を去っている。


 彼のその姿勢を“無責任なラフプレイへの自己弁護”ととるか、“極限を生き抜いたプロ意識の表われ”ととるかは意見が分かれるところであるが、ほぼすべての野球ファンは前者とみるであろう。


 だが、引退後40年以上にもわたり球史以来の悪役を続け、亡くなる寸前にまで死者を貶めるような発言をしていたメイズの人生こそ、自ら起こした悲劇にとらわれ続けたもの、“悲劇そのもの”としか形容することができないだろう。


 今では日本人プロ野球選手の最終目的となった輝かしい世界最高のメジャーリーグにも、《悲劇》は積み上げられているのである。

 

<4月4日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ