新型コロナの影響で「放送禁止が検討されるドラマのシーン」とは!? キスやハグ、手繋ぎが危ない…!?

画像は「Getty Images」より引用


 ついに日本でも緊急事態宣言が発令された新型コロナウイルスの問題。放送局でも番組収録がすべて中止になるなど、大きな影響が生じている。しかし、長期的な問題になりそうなだけに今後制作が予定されるドラマの内容にもすでに影響を与えているという。

「春からのドラマは放送日が延期になるなど影響が生じていますが、その次の夏のドラマの脚本や企画内容にも影響が生じてきています。コロナを連想させる内容が避けられているほか、いわゆる濃厚接触に該当する行為の取り扱いに関して問題になっているんです」(テレビドラマ制作スタッフ)

 濃厚接触に該当する行為とはどういうことだろうか。

「たとえば恋愛もののドラマであれば当たり前に存在するのがラブシーンやベッドシーンと呼ばれる演出です。しかし、こうしたシーンが今この状況下で放送するのが相応しくないという意見が出ているんです。自分としては過剰反応だと思いますが、新型コロナウイルスは人と人が近くで喋ることで感染する可能性がありますので、当たり前ですが抱き合ったり性行為をすれば感染します。それに該当するシーンをテレビが流していいのかと上層部が心配しているんです」(同)

 たしかに今の時代には推奨するべき行動ではないのかもしれないが、あくまでもドラマだ。少々過剰反応な気もする。

「しかも、これを皮切りに手を繋ぐ行為やキス、ハグなども避けるべきと言われ出しています。ただし、恋愛をテーマに描こうとしていたドラマにとってこれは死活問題です。ベッドシーンは避けられるにしてもキスもハグもなしで、何をしろというんでしょうか。脚本内容を練り直すレベルではなくテーマそのものを変えないといけないんです」(同)

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ