4月8日はアイドル歌手・岡田有希子が飛び降り自殺を遂げた日! 社会現象にまで発展した「伝説的な自殺」

4月8日はアイドル歌手・岡田有希子が飛び降り自殺を遂げた日! 社会現象にまで発展した「伝説的な自殺」の画像1
(写真は『リトル・プリンセス』1984年/キャニオン・レコード(現ポニーキャニオン))

『岡田有希子のセカンドシングル「リトル・プリンセス」(1984年)のレコードジャケット』

 1986年4月8日はアイドル歌手の岡田有希子が所属事務所のサンミュージックが入居するビルの屋上から飛び降り自殺を遂げた日である。


 1983年に芸能界デビューし、清純派アイドル歌手として人気絶頂だった19歳が起こした惨劇は、現場からのワイドショーによる実況生中継や、写真週刊誌に事故現場の遺体写真が掲載されたこともあり、日本社会に大きな衝撃を与えた。


 その後、熱狂的なファンによる後追い自殺が相次ぎ、社会現象にまで発展することとなったことでも、《伝説的な自殺》であった。


 なお、後の2000年7月19日に当時のマネージャーであった溝口伸郎も首吊り自殺をしている。


 今や10代早くにデビューするアイドル歌手など星の数ほど存在し、中には私生活をなげうってまで懸命に努力する少女たちも決して少なくはない。


 昨今のNGT48の問題も含め、精神を病んでいるアイドルを見る機会も日常的に増えている。


 一説によると中年俳優との不倫に気を病んでの自殺であったともいわれる岡田有希子。


 果たして、このアイドル飽和時代に岡田有希子が生きていたなら、彼女はやはり《アイドル》を、そして再びの《自死》を選んだのであろうか?

 

<4月7日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ