【閲覧注意】切断された腕を持ち帰り、妻に「夕飯のために調理してほしい」と頼んだ男! 衝撃事件の顛末とは!?=インド

 誰のものとも知れぬ人の手を家に持ち帰り、妻に夕食のために調理するようにと告げたインド人の男が、逮捕された――。

■夕食用に人間の手を持参して帰宅した男

 この驚愕エピソードは3月、インド北部の州ウッタル・プラデーシュ州のティコプール村で発生し、周辺地域に衝撃を与えた。

【閲覧注意】切断された腕を持ち帰り、妻に「夕飯のために調理してほしい」と頼んだ男! 衝撃事件の顛末とは!?=インドの画像1
「India TV」の記事より

 この男については、32歳で「サンジェイ」という情報のみが公表されている。

 報道によると、外から戻ったサンジェイは、妻に今日の夕食の食材にと、ビニール袋に入った人間の手を渡した。

 恐れおののいた妻は気絶し、意識を取り戻した時に、さらに不気味な光景を見てしまった。夫はビニール袋から手を取り出し、自らそれを鍋で揚げていたのだ。

 鍋に人間の手と指が入っているのを見た妻は、恐怖のあまり家を飛び出し、近所の人に知らせてから警察に通報した。

【閲覧注意】切断された腕を持ち帰り、妻に「夕飯のために調理してほしい」と頼んだ男! 衝撃事件の顛末とは!?=インドの画像2
「Hindustan Times」の記事より

 警察署責任者R・C・シャーマ氏は、その時の状況をこう述べている。

「私たちは通報を受け、すぐに家へと向かい、人間の手を見つけました。男は拘留されました」

 そして、一見したところ、サンジェイは遺体が火葬されているガンジス川の河岸から、その手を持ってきたようだった、とも話す。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?