4月11日は“エレファント・マン”ことジョセフ・メリックが死亡した日! 頭部と右腕、両足が肥大するプロテウス症に苦しめられ…

4月11日はエレファント・マンことジョセフ・メリックが死亡した日! 頭部と右腕、両足が肥大するプロテウス症に苦しめられ…の画像1
(写真は『BBC』より)

『ジョゼフ・メリックの頭蓋骨』

 1890年4月11日は、19世紀末に活躍した見世物小屋文化のスター、“エレファント・マン”として知られるジョセフ・メリックが死亡した日である。


 出生時はなんら異常のない赤子であったが、出生数カ月後で顔面や骨格に異常をきたしはじめ、頭部と右腕、両足が肥大したプロテウス症候群患者として成人したメリック。


 転倒の怪我の影響で歩行も困難な状況という重度の障害と共にその生涯を過ごしたが、彼自身のパーソナリティは12歳で自ら葉巻の製造会社に就職するなど、ポジティブに人生を歩む青年であった。


 しかし当時の医学的には何も解明されていないその病魔は彼の人生を幾度も塞ぎ、あっさりとまともな職を得られないという状況にまで彼を追い込んだ。


 すると彼はフリークス(奇形者)を見世物として回る「見世物小屋」の存在を知り、自ら応募して人々の好奇の視線を浴びに出る。


 それが後世に永遠に名を残すであろう“半人半象”の“エレファントマン”が誕生した経緯である。


 周囲はそのルックスと判然としない発音から彼を知的障害と誤解していたが、その実、メリックは、趣味の読書を通じてインテリジェンスを獲得している理知的な青年であり、自ら見世物として名乗り出るほどの勇気を持った青年でもあったのだ。


 そのことにより彼は世界的な知名度を獲得し、担当医のフレデリック・トレヴェスの助けも得て、世界中の篤志家から、結果的には27年というその短い人生を全うするに十分な寄付金を集めるに至ったのである。


 そして、メリック青年のあまりにも有名な“悲劇と勇気の物語”は、彼の死後90年を経てデヴィッド・リンチの映画『エレファント・マン』として、人間が在る限り永久に語られ続けるであろう普遍性を獲得したのである。

<4月11日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部