【新型コロナ】「ビル・ゲイツは人口削減を狙っている」ケネディ元大統領の甥が痛烈批判! 全人類に量子タトゥー埋め込み管理へ!

画像は「WORLDTRUTHTV」より

 先月18日、米マイクロソフト社の創業者で、慈善家のビル・ゲイツ氏が、海外掲示板サイト「Reddit」上のAMA(Ask Me Anything、なんでも聞いて)コーナーに登場。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)についての質問に答えた。

 ゲイツ氏は、中国や韓国の対策を高く評価し、米国の検査体制が整っていないと批判した上で、全米規模での追跡システムの構築が必要だと訴え、いずれはワクチンの接種の有無、新型コロナウイルスへの感染の有無などが一元的に管理されるようになると指摘した。

「最終的に、誰がCOVID-19から回復したのか、最近検査を受けたのかなどが分かるデジタル証明書が作られるでしょう」(ビル・ゲイツ)

 ゲイツ氏のこの発言に対して、Redditユーザーは不安を隠せない様子だ。

「こんなものを皆に埋め込むのが賢いやり方だと彼が思っているなんて信じられない。ものすごく不安だ」

「多分、ゲイツは今こそが計画を実行する最適なタイミングだと思っているのだろう。パニックの最中でもっとも人々が恐怖に煽られやすい今が……」

画像は「Reddit」より


 また、オルタナティブサイト「WORLDTRUTHTV」は、「人々を家畜のようにタグ付けする人類に対するグローバリストの最終局面の青写真をゲイツは示した」と指摘している。ワクチンを接種した人から社会復帰が保証されるが、それを拒む人は村八分にされ、永遠の自己隔離を要求されるとも。

 ゲイツ氏が念頭に置いているデジタル証明書は、「量子ドットタトゥー」と呼ばれるマイクロチップである可能性がある。科学ニュースサイト「Futurism」(19年12月19日付)によると、このマイクロチップは、「ワクチンと一緒に皮膚に埋め込むことができるインク」のようなもので、特殊なスマートフォンアプリを使うことで可視化できるという。開発したのは米マサチューセッツ工科大学の研究チームだが、その研究資金はビル&メリンダ・ゲイツ財団から出ている。しかも、研究依頼はゲイツ氏本人から直接あったそうだ。表向きはワクチンの接種記録を追跡することが難しい発展途上国向けに開発されたものだが、ゲイツ氏が人類の“タグ付け”に使用するとしたら、これを置いて他にないだろう。

【新型コロナ】「ビル・ゲイツは人口削減を狙っている」ケネディ元大統領の甥が痛烈批判! 全人類に量子タトゥー埋め込み管理へ!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで