【超緊急】新型コロナと5G陰謀論、YouTubeがポリシー変更で全動画削除へ! 言論弾圧キター、ナオキマンも打撃!?

デイヴィッド・アイク氏。画像は「BBC」より

 イギリスの著述家で陰謀論者のデイヴィッド・アイクが、YouTubeのライブ配信で、次世代通信規格5Gと新型コロナウイルスを関連づけた陰謀論を紹介し、大きな問題に発展している。

 YouTube側はこれを受け、5Gと新型コロナウイルスを関連づける全ての動画の削除に踏み切った。こうしたポリシー違反の場合、これまではレコメンドの頻度を下げる措置をとってきたが、今回のアイク氏の一件でより厳しい措置を取るようになったようだ。英「BBC」(4月9日付)によると、YouTubeの広報担当者は次のように語ったという。

「我々は新型コロナウイルスを予防するために医学的に証明されていない方法を促進するビデオを禁止する明確なポリシーを持っています。このポリシーに違反するビデオはすぐに削除します」

 こうしたポリシーには、症状が5Gによって引き起こされると主張する陰謀論も含まれるとのことだ。確かにファクトチェックの慈善団体「Full Fact」によると、アイク氏が語る陰謀論には2つの誤りがあるという。

 1つは、5Gが免疫システムを抑制するという主張で、もう1つは、ウイルスが電波を利用して通信し、犠牲者を選び、その拡散を加速させているという主張だが、前者に関しては、5Gは非電離の電波を使用しているため、DNAの化学結合を破壊して損傷を引き起こすほどの十分なエネルギーはないとのことだ。

画像は「getty images」より

 また、後者についても、バクテリアが電波を発生させる可能性があるとしたノーベル賞受賞生物学者の理論に基づいているが、これはまだ科学的な裏付けが取られた理論ではないそうだ。

 さらに、新型コロナウイルスは、まだ5Gが実施されていないイギリスの都市や日本やイランでも感染者が増加していることが何よりの反証であるという。

 しかし、だからと言ってこうした動画の削除が全面的に受け入れられるかと言えば、これは難しい問題である。実際に、5Gに関してはその健康被害を訴える声は科学者からも多数出ている。しかし、動画の削除を許してしまえば、あらゆる陰謀論をネット上から排除することが正当化されてしまうからだ。日本でも「Naokimanshow」など陰謀論・オカルト系のユーチューバーが人気を博しているが、彼らにとっても対岸の火事ではない。

 自由な空間であったはずのネットは、今や許された事柄しか語ることができない不自由な空間になってしまった。今回のアイク氏の動画削除はその息苦しさを象徴的に表した事件と言えるだろう。

 

参考:「BBC」、ほか

編集部

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ