4月15日は英国スポーツ史上最悪の観衆事故『ヒルズボロの悲劇』が発生した日! “フーリガン”を象徴する問題

4月15日は英国スポーツ史上最悪の観衆事故『ヒルズボロの悲劇』が発生した日! フーリガンを象徴する問題の画像1
(写真は英『サン』紙1989年4月19日版)

『「Truth」と銘打った記事を掲載した1989年4月19日の「サン」紙』

 1989年4月15日は、“英国スポーツ史上最悪の観衆事故”と呼ばれる『ヒルズボロの悲劇』が発生した日である。


 サッカーのFAカップ準決勝として行なわれたリヴァプールFC対ノッティンガム・フォレスト戦で、96人の観客が圧死し、700人以上もの観客が重軽傷を負った群集事故として知られ、その犠牲者の中には、つい先日までリヴァプールFCの象徴として活躍したイギリス代表選手、“キャプテン・ファンタスティック”ことスティーブン・ジェラードの従姉妹も含まれていた。


 そしてこの『サン』紙の記事「Truth」(ケルヴィン・マッケンジー署名)が報道したように、この惨劇の原因は「暴徒化したリヴァプールサポーターたち」にあるとされ、“フーリガン”を象徴する問題とメディアにより拡散されてきた。


 しかし、翌年に警備側の誘導の不手際であることが判明、さらに事件から23年後の2012年9月12日にヒルズボロ独立調査委員会が発表した報告書において警察による意図的な報道の誘導があったと判明。


 その後の公判を経て2016年4月26日に警備責任者の過失が認められ、改めて、96人の犠牲者たちが不当に事故死したという判決が下された。


 ちなみに、当時20万部以上を売り上げていた『サン』紙は、その後のリヴァプールサポーターたちの長期にわたる不買運動で1万部程度に事業縮小を余儀なくされている。


 無念の死を遂げた96人のサポーターの生命が戻ることはなかったが、その《尊厳》、クラブを愛した《魂》は、仲間たちによって無事取り戻されたのである。

 

<4月15日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

4月15日は英国スポーツ史上最悪の観衆事故『ヒルズボロの悲劇』が発生した日! “フーリガン”を象徴する問題のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで