【閲覧注意】ゲーマーが祖母をめちゃくちゃにして惨殺! 「バナナの木を切り倒そうと…」精神障害が蔓延するベトナムの闇

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】ゲーマーが祖母をめちゃくちゃにして惨殺! 「バナナの木を切り倒そうと…」精神障害が蔓延するベトナムの闇の画像1画像は、「GioiTre.Net」より

 ベトナム・タイニン省ズオンミンチャウ県で今月1日の午後3時30分頃(現地時間)、男が祖母を惨殺する事件が発生した。グエン・ミン・クオン容疑者(25)はナイフを持ってヌゴ・チー・ザウさん(64)を追いかけ、自宅から約70メートル離れたサッカー場で何度も切り付け、その場で殺害したという。ベトナムメディア「GioiTre.Net」では、クオン容疑者の姿とザウさんの遺体を撮影した画像が公開されている。

 サッカー場の噴水前に仰向けに倒れているザウさん――。アスファルトを赤く染めているのは後頭部から流れ出した血である。切り落とされた手首の画像もある。手のひらが親指の付け根辺りからざっくり切れていることから、ザウさんは孫の攻撃を手で防ごうとしたのだろう。しかし、抵抗虚しく命を奪われてしまったのだ。

 警察は2日朝、クオン容疑者を逮捕した。クオン容疑者はビンズオン省にある学校の生徒で、オンラインゲームに没頭していた。今年2月から現在までうつ病の症状が見られ、家族に対する言動が異常だった。調べによると、クオン容疑者はザウさんがバナナの木であると思い込んだため、木を追いかけて切り倒したと述べてしているという。支離滅裂な主張だが、クオン容疑者はゲームの世界に登場する木のモンスターと祖母を混同してしまったのかもしれない。

 ベトナムは精神病患者が多いといわれる。2017年の保健省の統計では、人口の15%がストレスによる精神的な障害を抱えていることが判明した。この統計が不正確である可能性も否定できないが、同国が精神疾患に対して十分に対策できていないのは事実である。最近では、強制入院が必要な重症例も含むFacebook依存症が増えていることが社会問題となっている。青少年のFacebook利用率が非常に高く、利用の禁止やネット環境の制限によってうつ病のような症状を引き起こす者もいるという。中毒性の高いオンラインゲームやSNSなどがベトナム人の精神を蝕んでいる可能性は高い。同国ではこれからも、今回紹介したような猟奇事件が頻発していくかもしれない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】ゲーマーが祖母をめちゃくちゃにして惨殺! 「バナナの木を切り倒そうと…」精神障害が蔓延するベトナムの闇のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?