4月16日はノーベル文学賞受賞者・川端康成がガス管を咥えて自殺した日! 「敗戦後の私は日本古来の悲しみのなかに帰つてゆくばかり」

(写真はWikipedia Yasunari Kawabataより使用。Public Domain)

『1946年の川端康成の肖像』鎌倉市長谷の自宅にて撮影

 1982年4月16日は日本人で初めてノーベル文学賞を受賞した小説家、川端康成がガス自殺を遂げた日である。


 『伊豆の踊子』『雪国』『眠れる美女』等数々の著作で知られ、日本を代表する小説家であった川端は、1968年の受賞を機に、ノーベル賞作家として日本人の《美的感覚》、さらには《死生観》を世界に広めることに成功した人物である。


 そんな彼の最後が、逗子のマンションでガス管を咥えての自殺だったことは、国内外に衝撃をもって迎えられた。


 睡眠薬の中毒状態での悲劇であったともいわれているが、遺書は残されておらず、その真相は永遠に知られるところではない。


 しかし、晩年の川端は敗戦後に変わりゆく社会に適応できない自らの心情を年齢の離れた同志ともいわれた三島由紀夫に「私はこれからもう、日本の哀しみ、日本の美しさしか歌ふまい」と漏らしており、1947年のエッセイ『哀愁』では「敗戦後の私は日本古来の悲しみのなかに帰つてゆくばかりである。私は戦後の世相なるもの、風俗なるものを信じない。現実なるものをあるひは信じない。」と書き綴っている。


 そのような前時代的なものへの強い郷愁が川端に死を選ばせたのか、遂にその確固としたものであろう《美学》は、誰にも伝えられることはなかったが、多くの作品群は、その《心の哀しみ》を永遠に代弁し続けるであろう。

 

<4月16日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

関連記事

    関連キーワード

    プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ