4月19日は武装カルト教団「ブランチ・ダビディアン」の教団本部にFBIが強行突破し、76人の教団員が死亡した日!

4月19日は武装カルト教団「ブランチ・ダビディアン」の教団本部にFBIが強行突破し、76人の教団員が死亡した日!の画像1
(写真はWikipedia Waco siege、Oklahoma City bombingよりともにPublic Domain)

『炎上するブランチ・ダビディアンの教団本部・マウント・カルメル・センターと爆発されたオクラホマシティ連邦政府ビル(写真右)』

 1993年4月19日は、武装したプロテスタント系のカルト教団「ブランチ・ダビディアン」の教団本部にFBIが強行突破し、76人もの教団員が死亡した日である。教祖のデヴィッド・コレシュは教団員のみが救われるという終末思想を布教し、多くの信者を獲得し、テキサス州のウェーコに教団本部であるマウント・カルメル・センターを建築、武装化した信者とともに生活していた。


 そのことを重くみたFBIが1993年2月28日に強制捜査をしたところ、教団側は徹底抗戦。


 銃撃戦となり、捜査官4人と教団員6人の死亡者を出し、そのまま「ウェーコ包囲戦」と呼ばれるFBIの包囲網が敷かれた。


 そして51日が経過した4月19日に、FBIが強行突入を敢行。


 コレシュを含む78人の教団員が死亡し、残りのものは身柄を拘束されることとなった。


 後に78人の犠牲者の大半は自殺者であったことが判明、さらには4月14日にコレシュが司法長官に送った「刑務所内で布教活動を許可してくれれば投降する」という手紙をFBIが握りつぶしていたことが明らかになり、FBIの解決法の強引さを責める世論も発生した。


 そして2年後、その火種はさらに大きな炎となって、オクラホマシティーに降りかかったのである。


 元陸軍兵士のティモシー・マクベイとその元同僚らが、車爆弾でオクラホマシティ連邦政府ビルを爆破。


 死者168人と負傷者600人以上を出すという2001年9月11日の「同時多発テロ」が発生するまででアメリカ史上最悪の大量殺人事件となったのである。


 そしてその主謀者であった退役軍人のマクベイは、2年前の「ウェーコ包囲戦」の結果をアメリカ政府の横暴と見なし、その復讐戦としてこの4月19日を選択したと語ったのだった。


 この大惨劇を重くみたアメリカ政府は2001年6月11日に行なわれたマクベイの薬物による死刑を被害者に公開し、今後の安全を保証したが、その3カ月後にあの同時爆発テロが発生するのである。
アメリカ政府が下したカルト教団への強硬なまでの決断がその後に続く悲劇の連鎖を産んだ日として、4月19日は決して忘れられない日となっているのである。

 

<4月19日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ