4月20日は「コロンバイン高校乱射事件」が発生した日! 500人の殺害を計画…スクール・シューティングの代表例

4月20日は「コロンバイン高校乱射事件」が発生した日! 500人の殺害を計画...スクール・シューティングの代表例の画像1
(画像はWikipedia : Columbine High School massacreより)

『乱射事件中のコロンバイン高校の監視カメラ映像』

 1999年4月20日は、アメリカのコロラド州にあるコロンバイン高校で起きた乱射事件「コロンバイン高校乱射事件」が発生した日である。


 同校に通っていた18歳のエリック・ハリスと17歳のディラン・クレボールドはその高校生活の中でいじめの対象であったとされ、“トレンチコート・マフィア”と呼び合って小さく団結していた二人であった。


 同じピザ屋でアルバイトをしていた二人はこの日、遂に日頃溜まったストレスを晴らすために、思いつく限り暴力的な復讐を実行に移した。


 そしてそれは、コロンバイン高校の生徒500人ほどを虐殺するというものだった。


 幸いにも食堂に置いた爆弾が不発になったために目論見通りの死者は出なかったが、それでも実行犯ふたりを含む15人の犠牲者を出すという、アメリカ史上に残る拳銃乱射事件であり、“スクール・シューティング”の代表的な一例となった。


 『ボウリング・フォー・コロンバイン』(2002年/マイケル・ムーア監督)『エレファント』(2003年/ガス・ヴァン・サント監督)等多くの映画がこの事件を元に制作されたことが、この悲劇がアメリカ社会に対していかに大きな影響を与えたかを物語っている。

 

<4月20日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ