「清純派歌姫と新幹線でエロ行為も…」エイベックス松浦氏の大麻疑惑、文春が描かなかった2人の歌姫との“ただならぬ関係”とは!?

関連キーワード:

,

「やめた社員が僕のことについて間違ったばかりのことを公共の場に晒し、さまざまな人を落としこみ1億よこせと口座番号を送り付けてきます。僕になんの弱みもないですがお金がないのか、悪くもない会社の問題をあからさまにするような人なのでもう相手にするのはやめて刑事告訴しようと思います」

 これは昨年末に大手レコード会社「エイベックス」の松浦勝人会長が投稿したツイートだ。数時間後、この書き込みは削除された。当時、同氏は“暴走モード”に突入しており、ツイッターでKEIKOを“捨てた”小室哲哉のことや、現代社会について「くだらない現在の縛られた偽善ともいえるコンプライアンスとガバナンス」「腐った偽善の正義」などと、書き殴っていた。

 即削除された冒頭のツイート。それが何を意味するかが、ようやく判明した。「文春オンライン」で松浦氏の大麻常習疑惑が報じられたのだ。告発したのは元エイベックスの女性社員Aさん。有名私大を卒業した後、2012年にエイベックスに入社し、3年ほどで退社。その後はフリーライターとして活動している。同サイトによれば、Aさんは同社退社後に松浦氏を懇意になり、国内最大級の音楽ライブ「ULTRA JAPAN」のVVIP席や松浦氏の別荘があるハワイなどに同行。そこで松浦氏ら大麻を使用したという。

 同サイトの取材に松浦氏は大麻常習疑惑を完全否定。冒頭のツイートのようにAさんが錯乱状態にあるという物言いだった。

「Aさんは昨年末、自身のフェイスブックにエイベックスの“闇”を暴露する文章を書きこんでいた。現在は見れなくなっているが、そこには歌姫Xやヒット歌手Zが違法薬物を使用していたことも書かれていた。松浦氏の疑惑よりもそっちの方が衝撃的だった」(スポーツ紙芸能担当記者)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ