拷問された幼児の人肉に若返り物質「アドレノクロム」含有!? エリート小児性愛者の生贄儀式で… 活動家が暴露インタビュー!

拷問された幼児の人肉に若返り物質「アドレノクロム」含有!? エリート小児性愛者の生贄儀式で… 活動家が暴露インタビュー!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 去年8月に児童買春容疑で起訴され拘留中だった米国の大富豪ジェフリー・エプスタインが謎の自殺を遂げてから、にわかに真実味を帯びてきた欧米のエリート小児性愛者たちによる秘密サークルの存在。それまで「陰謀論に過ぎない」「フェイク」「デマ情報」などと頭ごなしに否定してきた人々は、一体この状況をどう考えているのだろう?

 さて今回、筆者はそんな欧米エリート小児性愛者の秘密サークルにおいて、性的虐待を上回るようなおぞましい蛮行が行われているという情報を入手した。なんと、子どもを拷問し、恐怖と不安の中で松果体の高揚が最高潮に達した時に分泌されるという物質「アドレノクロム」が、若さと美しさを保つために有効であるとして欧米のエリート層がこぞって手に入れようとしているのだという。

 筆者の友人である芸術家、映画監督としても活躍する増山麗奈氏が「アドレノクロム」の真実と、極秘裏に行われている「生贄の儀式」ついて情報を提供してくれた。

■恐怖を与えて殺した子どもの人肉を……!

拷問された幼児の人肉に若返り物質「アドレノクロム」含有!? エリート小児性愛者の生贄儀式で… 活動家が暴露インタビュー!の画像2
イメージ画像:「 Getty Images」

増山麗奈氏(以下、増山)  これは、政界の裏の“フィクサー”と呼ばれている方からの情報です。その方には仕事でお世話になっているのですが、ある時、人間のようなフォルムの食肉の写真と、両手両足を拘束され虫眼鏡でジワジワ身体を焼かれる子どもの写真を見せてもらいました。それこそが、欧米のエリートたちが若さと美しさを保つために食べる、「アドレノクロム」たっぷりの、拷問で殺害された子どもの肉だというんです。エリートたちは「アドレノクロム」を継続的に摂取していて、それを止めると急激に老いるそうです。

 エプスタインが所有していた島で行われていたというエリート小児性愛者の秘密サークルで、性的虐待はあっても、まさか子どもの人肉を食べるなんてあり得ないだろう、と最初は半信半疑だったのです。写真も合成されている可能性がありますし。

――事実だとすれば、まるで現代における生贄の儀式ですね!

増山  はい。ただ、事実かは分かりませんが、それから少しずつ認識が変わってきました。アメリカでは年間80万人もの子どもが失踪しているという事実があるんですよね。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ