「ビッグフットと宇宙人はすでにコロナ禍に対応」ワクチンを独自に摂取! 一切感染症にかからない人は宇宙人!?

ホセ・カンセコ。画像は「Wikipedia」より

 元MLBプレーヤーのホセ・カンセコの名を覚えている人は多いだろう。アナボリックステロイドの使用を公言し、米野球界の薬物汚染を赤裸々に綴った暴露本でも有名になった。野球界を去って久しいカンセコだが、この度SNS上でとんでもないことを呟き再び注目されている。

 オルタナティブニュース「Mysterious Universe」(4月21日付)によると、今月18日カンセコは自身のツイッターアカウントでこう呟いたという。

ビッグフットやエイリアンはコロナウイルスに感染するのか? 彼らと会ったから知る必要がある」(カンセコ)

 カンセコは大学の友人にでも会ったかのように、さらっとビッグフットとエイリアンとの遭遇を暴露しているが、実は2019年にも宇宙人と遭遇したと告白しており、ビッグフットと宇宙人に絶対会えると保証したキャンプまで開催したことがある。

 どうやらカンセコはビッグフットや宇宙人とはすでに顔なじみのようだが、彼らに新型コロナウイルスをうつしてしまったら大変だ。これについて「Mysterious Universe」のライター、ポール・シーバーン氏は次のように考察している。

画像は「Mysterious Universe」より


「ウイルスは人間や哺乳類といった宿主に向けて設計されているのが現実です。しかし、カンセコのツイートに対するコメントの1つから、興味深い疑問が浮かび上がってきました。『北欧の人間に似ているとされるトールホワイトはどうなのか? ウイルスに耐性があるように見える背の高い白人のスカンジナビア人がいるとしたら、彼らは宇宙人なのか、それともハイブリッドなのか?』」

 宇宙人にとっては新型コロナウイルスだけでなく、地球上のあらゆるウイルスやバクテリアが毒になり得るが、もちろん彼らはその対策をしていると思われる。極めて地球人に姿形が似ているとされるトールホワイトは地球人とほとんど見分けがつかないとされる。彼らも地球に来る前に、すでにあらゆるウイルスに対するワクチンを独自に摂取していると考えられるから、もし一切感染症にかからない背の高い北欧系の人間がいたら、それはトールホワイトかもしれない。

 いや、トールホワイトだけではない。人間に似た宇宙人やレプティリアンはこれまでも多数確認されている。だとしたら、アジア人の中でもどんなに感染リスクの高い場所にいてもかからない人は宇宙人の素質をもつ優れた人物なのかもしれない。

「ビッグフットと宇宙人はすでにコロナ禍に対応」ワクチンを独自に摂取! 一切感染症にかからない人は宇宙人!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで