4月24日はサイババが死亡した日! インドの“聖人”、数々の奇蹟と絶大なカリスマ性、その影響は…

4月24日はインドの聖人サイババが死亡した日! 数々の奇蹟と絶大なカリスマ性と影響力の画像1
(写真はWikipedia サイババより。Public Domain)

『山車に乗るサイババ』(1946年12月31日撮影)

 2011年4月24日は、インドが生んだ“聖人”、霊的指導者のサティヤ・サイババが死亡した日である。


 「サイ」とはペルシャ語で「聖人」、「ババ」とはインド語で「父」、合わせて《聖なる父》という名を持つサイババは、かつての聖人、シルディ・サイババの生まれ変わりとして、14歳からその名を名乗り、以降、聖なる砂《ビブーティー》を手から出す等の《奇跡》を披露し、インドのみならず、世界中に信奉者を増やした。


 1990年代より、主にイギリスのメディアがサイババへの批判的なキャンペーン報道を展開し日本でもその影響でその聖性が失墜したが、インド政府及び当時の首相は絶対的にサイババを擁護し、その後も依然として絶大なカリスマ性と影響力をインド国内では誇り続けた。


 2011年4月24日に死亡した際も当時のインド首相、マンモハン・シンが声明を発表。


 葬儀はマザー・テレサ以来の国葬として行なわれたということからもわかるように、サイババは、紛れもない《インドの象徴》だった。

 

<4月24日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ