無観客になってわかった!腕がなかったMCタレント3名を業界人が暴露!

画像は、GettyImagesより引用


 新型コロナウイルスの問題を受けて、テレビ番組の収録は無観客となった。以前からお客さんを入れずに収録していた番組もあるが、番組盛り上げのために観覧客を入れていた番組は変更を余儀なくされている。

 だが、無観客となればタレントの実力のみで番組を盛り上げることとなり、観客がいなくなった番組の中には露骨にタレントの能力の低さが露呈してしまったケースもあるという。

「編集ではうまくまとめていたり、スタッフができるだけ頑張って声に出して笑うようにして盛り上げていますが、それまでお客さんがいた番組が無観客となった結果、『あ、この人こんなにトークが下手だったんだ』とわかってしまった例があるのです」(テレビプロデューサー)

 それは一体誰なのか。

「ひとりは後藤輝基さんですね。無観客になった途端、すべっているシーンを多々見かけています。編集所でも、『ただ声がでかいだけだった』という感想を漏らすスタッフもいます。これまではお客さんが笑っていたのでなんとか誤魔化せたものの、そういう周囲が盛り上げる仕掛けが無いと寒々しいトークになってしまうようです」(同)

 なんとも残念な話だが、これを機会に奮起してほしいものだ。

 続いては視聴者の好き嫌いが明確に分かれるあの人の名前も挙がった。

「坂上忍さんですね。いくつかの番組が無観客になりましたが、その盛り上がりのひどさは既に業界内で有名です。オーバーリアクションや大きな声でトークを制御する姿はお客さんがいないとただ邪魔なだけで、笑いを生まないんです。また、笑いがないから焦ってしまうのか空回りしていることも多いですよ」(テレビ番組制作スタッフ)

 数多くの番組で司会を務めるだけに、この評価は今後の仕事にも影響を及ぼす可能性がある。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ