【緊急】「武漢のラボでコロナウイルスを人間に感染するよう変異させていた」ロシアの著名学者が暴露!コロナ人工説が有力に!?

画像は「getty images」より

 ロシアの著名微生物学者が武漢の研究所で「極めて狂ったことをしていた」と暴露した。

 英紙「Daily Mail」(4月23日付)によると、ロシア・エンゲルハート分子生物学研究所の主任研究員であり、世界的に著名な専門家であるペトル・チュマコフ教授が、武漢の研究所ではコロナウイルスに対して「狂ったことが行われていた」と話したという。

「武漢研究所の科学者たちは10年以上も前から多様なコロナウイルスの亜種の開発に積極的に関わってきました」(チュマコフ教授)

 教授によると、武漢研究所ではウイルスのゲノム配列の人工的な置換などが行われ、それによりコロナウイルスがヒト細胞に感染する能力を得たというのだ。ただ、そうした操作は悪意あるものではなく、病原性の研究のために行われていたというが……。

 チュマコフ教授によると、こうした武漢研究所での実験は今では全て分析され、新型コロナウイルスが生み出された様々な可能性についても徐々に明らかになりつつあるそうだ。また、チュマコフ教授は「誰かを非難するには時期尚早」だとしつつも、今後調査が進めば、危険なウイルスの取り扱いに関する新しいルールが適用されるようになると予言している。

ペトル・チュマコフ教授。画像は「Daily Mail」より

 チュマコフ教授は慎重に言葉を選んでいるが、新型コロナウイルスが武漢ウイルス研究所から漏洩したものだとほぼ確信していると見て良いだろう。今月21日、世界保健機関(WHO)の報道官は、新型コロナウイルスが動物起源であるとし、人工説を一蹴したが、かつて武漢ウイルス研究所を訪問した米外交官が、同研究所の安全性を懸念しており、コウモリ由来のコロナウイルスの研究をしていることもワシントンに伝えていたことがあったと米紙「Washington Post」(4月14日付)が報じるなど、同研究所の“怪しさ”は払拭できていない。

 また、かなり以前から中国の研究施設の安全性は問題視されてきており、科学誌「Nature」のニュース記事(2017年2月23日付)によると、米ラトガース大学の分子生物学者リチャード・エブライト氏が、北京の実験施設からは何度もSARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスが漏洩していたと警鐘を鳴らしていたという。さらに国立感染症研究所によると、2004年にはSARSの実験室内感染により9名が感染し、1名が死亡している。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ