「金正恩死去」デマかガチか…真相は?「近影写真が報じられないのが肝」 中国が医療チーム緊急派遣とも関連か!

関連キーワード:

,

,

金正恩はトイレでウ●コを拒否! メディアが報じない南北首脳会談友好ムードの大嘘..やはり戦争へ!?の画像1画像は、Wikipediaより

 北朝鮮の金正恩国務委員長の周辺が再び騒がしい。

 金委員長をめぐっては、米CNNが21日に当局者からの引用で「『金委員長が最近心血管の手術を受けたあと、重体に陥った』という情報を米国が注視している」と伝え、波紋が広がった。一部では「重篤」「脳死」という衝撃ワードも飛ぶ中、いまや北朝鮮のスポークスマンに成り下がった韓国大統領府は「特殊な動きは確認されていない」と否定コメント。金委員長は祖父の故金日成国家主席の生誕を祝う今月15日の記念式典に姿を見せなかったことから「ささまざまな臆測が広がった」という見解のようだ。

 米国のドナルド・トランプ大統領も「金委員長に健康問題がないことを願う」とし「関連報道はCNNのフェイクニュースだったと思う」と述べた。

 結局、誤報扱いされてしまったが、気になるのはCNNの報道以降、北朝鮮の大本営発表がないことだ。半島情勢に詳しいライターは「韓国や中国などの友好国が否定的な声明を出していますが、肝心の北朝鮮が無反応なのは気になります。金委員長の動静は国内はもとより、周辺諸国の力関係、世界バランス均衡にも大きな影響を及ぼします。仮に健在なら、北朝鮮はただちに声明を発表するか、CNNの報道を打ち消すように、金委員長の近影写真を報じるでしょう。今まさにその準備をしているのか、それともワケあって出せないのか…。注視していかなければなりません」と話す。

 ここにきて気掛かりな情報もある。中国が金委員長の健康状態を諮るために、医療チームを23日に派遣したというのだ。ロイター通信が25日、複数の消息筋を引用して報じた。これによると、中国共産党の対外連絡部の幹部が率いる代表団は、木曜日である23日に北京を出発して北朝鮮に向かったという。ロイター通信は「対外連絡部と中国外務省はみな、そのことについての論評の要請には答えなかった」として、今回の訪問が金委員長の健康状態において何を意味するのかはまだ不透明であると伝えた。

 一部ではこの医療班の招聘は北朝鮮サイドの要請によるもので「金委員長の術後の経過が芳しくないため」(当局筋)という情報もある。また、現在中国が世界各国に新型コロナウイルス対策の医療チームを送っていることを鑑みれば、表向き「感染者ゼロ」と主張している北朝鮮でもすでに新型コロナが蔓延し、危機的状況に陥っていることも考えられる。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ