実父に犯される花嫁、じっと見守る花婿…! 「添い遂げる覚悟を問う」近親相姦セックスの伝統儀式を暴露=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

実父に犯される花嫁、じっと見守る花婿…! 「添い遂げる覚悟を問う」近親相姦セックスの伝統儀式を暴露=西日本の画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 これまで、本連載では日本各地に伝わる様々な奇習についてご紹介してきたが、証言者が口々に語るように、それらの多くは、最初に始めた人間の想いはともかく、後世の人々にとっては、大抵の場合、迷惑でしかないものである。

 

「よその人からはおかしいと言われることもあるけど、何がおかしいのかわからんね」

 

 かつて西日本のとある地域で行われていたという奇妙な風習についてそう語り始めたのは、当地で生まれ育ち、今なお、果樹園を経営している榎本栄さん(仮名・82)。榎本さんの話によると、その昔、当地においては、新たに結婚しようとする若者たちに対して、なかなか強烈な洗礼を浴びせていたという。

 

「早い話が、“何が何でも添い遂げる覚悟があるか?”っていうことを確認する儀式みたいなもんだね。男のさ、見てる前でね、女の父親が娘を犯すわけ。それを男はじっと見守らないといけない。それに耐えることができて、かつそれでもまだ一緒になりたいってなら認める、と。そういう話だわな」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ