酔った村人たち、いつの間にかあちこちでSEX…! 酒池肉林の乱交パーティーと化す伝統的「花見の宴」=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

酔った村人たち、いつの間にかあちこちでSEX…! 酒池肉林の乱交パーティーと化す伝統的「花見の宴」=西日本の画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、いつになく静かなお花見シーズンとなったが、例年は、しばしば酔客による事件やトラブルが報じられるなど、とかく日本人は桜の季節となると、ご乱行に及びやすい性質を持つようだ。

 

「今でこそこんな静かな村だけどね、昔は結構な人数がいたものだから、花見の時期になると、そりゃあもう大変な騒ぎだったよ」

 

 かつて西日本のとある地域で行われていたという花見の宴についてそう語り始めたのは、現在も当地で一人、静かな余生を送る松本喜八郎さん(仮名・82)。松本さんの話によれば、その昔、当地の花見は、集団乱交パーティーともいうべき酒池肉林の宴が開かれていたのだという。

 

「まぁ、最初は酒をちびちびやりながら肴をつまんだりしてるんだけども、みんな酔いが回ってくる頃合になると、誰からともなく自然にやらかし始めるの。そうこうしてるうちに、あっちでもこっちでもやり始めて…… 結局、総当たり戦みたいになっちゃうんだよな(苦笑)」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ