CMが有名な某リフォーム会社の「超絶ブラック」ぶりを元社員が告発! ノルマ未達は殴る・蹴る、客の不安を煽って契約強行!

CMが有名な某リフォーム会社の「超絶ブラック」ぶりを元社員が告発! ノルマ未達は殴る・蹴る、客の不安を煽って契約強行!の画像2
イメージ画像:「Getty Images」

「気が弱い人は洗脳されるんですよ。営業中は、1時間おきに幹部に電話やLINEをしなければならない決まりがあります。コンビニで飲み物を買ったり、トイレに行く時も、逐一写真を撮り報告しなければなりません。徹底的に行動を管理されるんです。従わなければ、パワハラや殴る・蹴るも普通です」

■社員を恐怖で支配、客の不安を煽って契約強行

 なるほど。恐怖によって支配・コントロールされていくということか。

「はい。とにかく部下は、幹部の奴隷のような扱いです。車を手洗いさせられたり、キャバクラに付き合わされたうえ、代金まで負担させられたり」

 もはや恐喝ではないか。

「そして、お客様への営業方法も酷い。一度訪問販売で断られたお客様を執拗に追いかける『ロープレ』と言う営業方法なのですが、これは特定商法取引違反です。そして、営業の際はリフォームの必要なさそうな家でも『雨漏りしますよ』『壁に水が入ってますよ』『シロアリがでますよ』など、お客様の不安を煽ります。どんな手を使ってでもノルマと歩合を達成させようとする。しかし、このような指摘は、建築関係に3年以上従事した方や建築関係の免許を所有してる方でないと、本来は特定商法取引法違反です。ところが、あの会社では若手社員がそれをやって幹部に繋げ、さらに幹部が同じお客様宅に行って不安を煽りながら訪問販売します。加えて提示するリフォーム価格は、世間の相場の3倍です」

 なにやらオレオレ詐欺のようではないか。

CMが有名な某リフォーム会社の「超絶ブラック」ぶりを元社員が告発! ノルマ未達は殴る・蹴る、客の不安を煽って契約強行!の画像3
イメージ画像:「Getty Images」

「はい。私は辞めましたが、社内では今も苦しんでいる社員たちが沢山いるんです! なんとかしたくて、今回告発しました。そして、日本にブラック企業はまだまだ沢山あります。これはきっと氷山の一角にすぎません。政府、労働基準局、警察にもっと動いてほしいと切実に願います」


 政府のブラック企業対策をうけて、厚生労働省の長時間労働削減推進本部は2017年1月より一定の条件下で労基法違反の企業名を公表できるようにしたが、まだまだハードルは高く、企業側にとっての“抜け道”も存在する状況だ。さらに、企業による社員の徹底的な行動管理と洗脳はより深刻な問題といえる。精神的損害は立証されにくく、かつ社員も我慢してしまうケースが多く、なかなか表に出てこない。結局、解決の糸口が見付からず、精神疾患になるまで追い詰められてしまうのだ。

 そして最近では、「新型コロナウイルスに感染したら罰金」というブラック企業もあるという。このような企業に勤める感染者が怖がって療養もできなければ、感染拡大につながることはいうまでもない。今後、厚労省には「実際に現場を知る」地域のNPOや企業カウンセラーと協力していく姿勢が望まれるのかもしれない。

文・取材=深月ユリア

 

センター試験「必勝魔術4つ」を魔女が伝授! 会場を魔術空間に、ヤマも当たり、高得点獲得の呪文も…!の画像7

深月ユリア
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひき、魔女占い師・魔女優・オカルトライター・ホラー映画プロデューサーとして国内外で活動。深月事務所代表、TR総合探偵事務所で心霊捜査担当。最新刊『世界の予言2.0 陰謀論を超えていけ キリストの再臨は人工知能とともに』(明窓出版)大好評発売中!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ