【緊急取材】「コロナ後の世界」を日本最強の“魔女四天王”が予言! 今後の経済、AI、感情、政治… 一致しすぎてヤバい!

■最強家系のエリート魔女が未来を視た

【緊急取材】「コロナ後の世界」を日本最強の魔女四天王が予言! 今後の経済、AI、感情、政治… 一致しすぎてヤバい!の画像3
叶ここ

 次に、スペインの黒魔術師とフィリピンのマガガリ(白魔術師)の孫で、魔女としてメディアでも幅広く活動している叶ここ氏に、コロナ禍の収束時期と経済に関して鑑定してもらった。

「5月までは余談を許さない状況です。6月くらいには一度、経済的にも生活的にも平常通りに戻る会社や家庭が多そうですが、7月くらいまでは気を引き締めて生活した方が良いでしょう。8〜9月は抑圧された分だけ、消費や娯楽に人の需要が集まりそうです。それまで耐えることができた企業は大きく伸びる予感。準備をできる企業は今の間にシステムを組んだり、新しいビジネスの基盤を作っておくといいでしょう。来年の経済は全体的な落ち込みが見えます。今からの準備次第で、存続できるか否かの命運がハッキリとでます。ポイントをまとめると、次のようになります。

・ さまざまな情報やストレスに振り回されず、冷静に行動できるかが明暗を分けます。落ち着いた行動と、準備を。
・ ネガティヴな要素にしっかりと向き合って改善すること。必ず修繕しなければならないタイミングが訪れます。
・ 理想とする現実を引き寄せる好機ともなる人や企業もいるでしょう。

 前途多難な流れではありますが、好機にすることも十分可能です。より良い世界、より良い生き方を目指していくこと、己の引き寄せたい未来への軸をしっかりと持ちながら進むことで、この流れを乗り越えていけます」(叶ここ氏)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ