志村けん、石田純一、ミッツ…芸能界「麻布族」に新型コロナ感染拡大疑惑!?

画像は「Getty Images」より引用

 新型コロナウイルスに感染する芸能人が増えている。国民的コメディアンの志村けんが亡くなり、演出家の宮藤官九郎、ケツメイシのRYOJI、プロ野球・阪神タイガースの藤浪晋太郎、森三中の黒沢かずこ、元プロ野球選手の片岡篤史、たんぽぽの白鳥久美子、テレビ朝日の富川悠太アナウンサー、フリーの赤江珠緒アナ、俳優の石田純一などなど。ジャンルも年齢もバラバラだけに、いかに全国的に感染が広がっているかを示しているが、芸能界では東京・港区の麻布界隈を避けるタレントが増えているという話だ。

「志村さんの大好きだった場所が麻布十番で、たくさんの行きつけの店があったんですが、その一つは阪神の藤浪がフジテレビの女子アナと朝までご飯していた店で、ケツメイシのメンバーがお気に入りの居酒屋もあって、石田さんが月に2~3度は顔を出すお気に入りのレストランもあるんですね。富川アナも電車通勤で使う駅が麻布十番ですし、麻布は危ないみたいなイメージがあるんでしょうね」(テレビディレクター)

 確かに麻布では4月1日、ファミリーマート麻布十番店の従業員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表されている。感染した従業員は直前、3月19~27日のうち6日間で勤務しており、この感染発覚直後、そこからわずか2キロしか離れていない東京慈恵会医科大学附属病院でも、患者と接触の医師ら6人が院内感染している。

「こういうニュースを見て、なおさら麻布に近寄らなくなった芸能人が多いですよ」

 前述のテレビディレクターがそう断言するのは、彼の住むマンションが麻布十番にあるからで、これまで頻繁に見かけた芸能人を4月に入ってから見なくなったという。

 彼が名前を挙げたのは宮藤官九郎の盟友としても知られる個性派俳優のA、沢尻エリカと親しかった女優のK、ヤンキー系バラエティタレントのS、既婚の癒し系女性タレントY、やたら反政府な発言を続ける芸人Mなどだ。別の筋からは、麻布十番で3月下旬、公職選挙法違反疑惑で経済産業大臣を辞任した自民党の菅原一秀が女性を連れて出歩いていたという目撃情報もあった。こうしたセレブな客足が遠のいたことは、青山・赤坂・麻布十番を含む港区内の繁華街の飲食店を支援するプロジェクトが立ち上がっていることでも伺える。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ