5月3日は「航空事故」が集中している日! 7機の飛行機が墜落、死者244人…

(写真はWikipedia アルマビア航空967便墜落事故より)

『2006年に墜落したアルマビア航空967便のエアバスA320(機体記号EK-32009、1995年製造)と同じ機体』

 5月3日は、6件の航空事故で7機の飛行機が墜落、合計244人の死者が出た日である。

 ライト兄弟が飛行機を発明し有人飛行に成功したのが1903年、リンドバーグがパリ〜ニューヨーク間を単独無着陸飛行したのが1927年、つまり飛行機が実用化されてから現在まで、まだ100年程度しか経っていないが、確実に《航空事故が集中している日》というのは存在する。

 そのひとつが5月3日で、6回も飛行機事故が記録されている。この統計は旅客機から貨物機、航空ショーまでをカウントしているので一概にはいえないとはいえ、6というこの数字を多いとみるか少ないとみるかは、判断の分かれるところだろう。

 まず1928年の5月3日に日本初の純国産旅客機「中島飛行機試験飛行機」が墜落し乗員8人が焼死。

 続いて1964年5月3日には富山県礪波市で開催されたイベントでセスナ機が低空飛行中に墜落し乗員3名が死亡。

 さらに1985年5月3日にはアエロフロートの「ツポレフTu-134」とソ連空軍の「An-26輸送機」空中衝突しともに墜落。両機の乗員94名全員が死亡。

 翌1986年5月3日にはエアランカ(現・スリランカ航空) 512便襲撃事件で乗客乗員148人中21人が爆死。

 そして2005年5月3日には静岡県警察航空隊のヘリコプター「ふじ1号」がアパートの屋根に接触して墜落、乗員5人が死去。

 最後に、2006年5月3日乗員乗客113人全員が死亡した「アルマビア航空967便墜落事故」がある。
 5月3日といえばゴールデンウィークも真っ盛りであるが、この日に飛行機に乗ることは、可能ならば避けた方がいいのかもしれない。

 

<5月3日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ