【閲覧注意】鬼畜夫が妻をマチェーテでめった斬り! 「肉が裂け、血噴き出す」惨殺風景を狂気の生配信、最凶コロナDVか!

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】鬼畜夫が妻をマチェーテでめった斬り! 「肉が裂け、血噴き出す」惨殺風景を狂気の生配信、最凶コロナDVか!の画像1画像は、「theYNC.com」より

 バングラデシュ・チッタゴン管区フェニで先月15日、妻を惨殺する様子をFacebookで生配信した男が逮捕された。オベイドゥル・ハック・チュチュル容疑者(32)は、妻の両親が持参金を増額しなかったため、妻のターミナ・ アフターさん(28)をマチェーテでめった切りにして殺害したとみられている。

 この生配信動画は現在、海外の過激動画共有サイト「theYNC.com」で見ることができる。上半身裸のオベイドゥル容疑者が自らの姿を映した後、マチェーテでターミナさんを何度も切り付ける。「グシャッ、グシャッ」という刃が肉に食い込む音と、「ブシャッ」という血が噴き出す音が聞こえる。ターミナさんが切り刻まれる様子がよく見えないのがせめてもの救いである。オベイドゥル容疑者は血まみれのターミナさんの遺体の横に屈んで手を振った。その後、2歳の娘を抱きかかえながら、妻を殺害したことに対して許しを請うのだった。

 オベイドゥル容疑者とターミナさんが結婚したのは5年前である。オベイドゥル容疑者は、首都ダッカを拠点とする民間企業で働いていたが、常に家計は苦しく、夫婦の間でしばしば口論が起こっていた。オベイドゥル容疑者はターミナさんの両親から借金をしていたが、それ以上の持参金をも要求し、その要求を拒否されたことに激昂して犯行に及んだという。

 生配信後、オベイドゥル容疑者は自ら警察に通報した。警察はすぐに現場に駆けつけ、彼を逮捕した。犯罪現場からは彼が使用したマチェーテと携帯電話が押収され、ターミナさんの遺体はフェニ総合病院に搬送された。生配信動画は多くの視聴者に共有されたが、警察がオベイドゥル容疑者の携帯電話を調査してもこの動画を発見できなかった。携帯電話はさらなる調査のため専門家に送られた。

 UNウィメンは、新型コロナウイルスの影響で女性に対する家庭内暴力(DV)が激増していることに警鐘を鳴らす。世界各国で外出が制限されている状況下で、健康的にも経済的にも追い詰められていく人たちが増え、彼らの不安や不満が妻に向けられるからだ。フランスでは、3月17日のロックダウン実施以来、DV事件が30%増加。カナダやドイツ、スペイン、イギリス、アメリカでも同様に、政府当局や女性の権利活動家などの発表によると軒並みDVの報告が増え、女性の緊急避難所が以前よりも必要とされているという。

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界中の女性たちが夫の暴力にさらされている。間もなくやって来る誰も経験したことのないような大恐慌の暗黒時代と相まって、バングラデシュの事件と同様の悲劇が頻発することになるだろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?