美少女を拉致・監禁・暴行・陵辱・強姦、非道の限りを尽くして惨殺!! 今再び知るべき「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の鬼畜ぶり

 そして年が変わった1989年1月4日のことである。

 麻雀に負けたことで腹を立てながらたまり場にやってきたグループの一人は、腹いせに暴行を始める。

 小泉今日子の『なんてったってアイドル』のリズムに合わせて、鼻や口から血が噴き出しても殴る。それが汚いと今度は顔がロウに埋もれるまでロウソクの火を近づける。途中、奇妙な痙攣を繰り返すようになっても暴行は終わらなかった。

 数時間のリンチが終わった後、サウナに出かけた犯人たちは、帰宅後にE子さんが死んでいるのを見つける。

美少女を拉致・監禁・暴行・陵辱・強姦、非道の限りを尽くして惨殺!! 今再び知るべき「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の鬼畜ぶりの画像3
画像は「Getty Images」より引用

 ここまでやっておきながら、犯人達は死体の処理に怯えた。なんとかコンクリ詰めにした死体を江東区の湾岸までは運んだ。しかし、海に捨てるのが怖くなり、ドラム缶を空き地に放置して帰宅してしまったのだ。

 警察が発見した時、E子さんの顔は両親も我が子と識別できないほどの状態になっていた。全身の皮膚はリンチの結果黒く変色し、死体に慣れた捜査官でさえ目を背けるものだった。

 ここまで凄惨な事件を起こしながらも、まだ未成年だった犯人グループは少年法に守られ、十分な刑罰を科せられることはなかった。

 凄惨さでは過去に類を見ないこの事件は、その後もドラマや小説など様々な形で現在に至るまで語り継がれている。「N番ルーム」事件も実にひどい事件であるが、この事件の凄惨さはさらに際立っている。

文=昼間たかし

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?