5月6日は飛行船「ヒンデンブルク号」が空中爆発した日! 犠牲者36人、20世紀の世界を震撼させた大事故!

5月6日は飛行船「ヒンデンブルク号」が空中爆発した日!  犠牲者36人、20世紀の世界を震撼させた大事故!の画像1
(写真はWikipedia Hindenburg disaster より。Public Domain)

『ドイツの飛行船ヒンデンブルク号爆発の瞬間』

 1937年5月6日は、20世紀の世界を震撼させた大事故であるヒンデンブルク号が空中爆発した日である。


 ドイツ・フランクフルトから2日半の大西洋横断をし、アメリカのニュージャージー州レイクハースト空軍基地に着陸する予定だったが、尾翼付近から突如爆発して墜落。乗員・乗客97人中35人と救助作業員1人が死亡した。


 何よりも映像、写真が多く残っていることから、その後の世界にも多大な影響を及ぼし、世界的なロックバンド「レッド・ツェッペリン」のデビューアルバム『レッド・ツェッペリン I』のジャケットにも使用されたことで、その悲劇は後世にも広く知られている。


 素晴らしい芸術は、《悲劇》にも《永遠の生命》を与えられるのである。

 

<5月6日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ