【閲覧注意】未解決「プチエンジェル事件」のとてつもない闇! 少女買春“顧客”は誰だったのか… 犯人の奇妙な死、謎の捜査打ち切り!?

 2003年、当時小学6年生だった少女4人が誘拐・監禁されたプチエンジェル事件は、被害者ではなく犯人のほうが死亡したという奇妙な事件だ。だが、その奇妙さがいまだに、様々な陰謀説を呼んでいる事件である。

 アンダーグラウンドに存在する売春クラブをめぐり、多くの有名人も関与していたのではないかと噂されるこの事件。事の発端は2003年の7月、被害者の少女の一人が渋谷で事件の犯人であるYに声をかけられたことから始まる。

【閲覧注意】未解決「プチエンジェル事件」のとてつもない闇! 少女買春顧客は誰だったのか… 犯人の奇妙な死、謎の捜査打ち切り!?の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 Yは非合法の未成年専門のデートクラブ「プチエンジェル」を経営し、自ら渋谷や新宿で少女を勧誘していた。当時報じられたYが配布していたチラシには「カラオケ5,000円、下着提供10,000円、裸体撮影10,000円」といった文句が記されていた。

 当時、既に女子高校生の援助交際は社会問題となっており、取り締まりも一段落した頃だった。むしろ、未成年に興奮する「顧客」たちの興味はもっと別のものに向いていた。すなわち、より低年齢の女子中学生や女子小学生を欲望の餌食にすることであった。

 にわかには信じがたいが、Yがチラシを配布して勧誘していたことからもわかるように、そこには需要と供給が存在していた。そうした低年齢の少女たちにも、自らの身体がカネになると承知している者がいたのである。

 ところが、この事件はすべてが奇妙であった。Yと携帯電話で何度か連絡を取った被害者の少女は、7月13日に赤坂にあるマンションの清掃を依頼される。「部屋を1万円で掃除してほしい」という依頼であった。

 少女は他に3人の少女も連れだって渋谷駅前で待ち合わせた後、Yの車で赤坂のマンションに向かった。しかし、Yは4人が部屋に入るやいなや態度を豹変させた。「ここに来た意味わかるよね」とスタンガンで脅し、事前に用意していたポリタンクや鉄アレイに手錠をつなげ、少女たちを拘束したのである。

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?