5月8日はアジア全域で絶大な人気を誇った歌手テレサ・テンが死亡した日! 中国本土公演の夢を絶たれ、孤独のうちに42歳で客死…

(写真は1974年7月1日ポリドール・レコード〈現ユニバーサルミュージック〉より発売の『空港』のジャケット)

『テレサ・テン来日2作目のシングル「空港」のジャケット』

 1995年5月8日は、生まれ故郷の台湾、そして活動拠点であった日本だけにとどまらずアジア全域で絶大な人気を誇った世界的歌手、テレサ・テンが死亡した日である。


 中国本土に生まれ、幼少時に移住した台湾で天才少女として注目を浴びて14歳でデビュー。


 台湾、中国のみならずシンガポールやタイ、マレーシアなどでも次々とヒットを飛ばし、瞬く間にアジア全土の歌姫になった。


 1974年に21歳で来日し、写真の2枚目のシングル曲『空港』から演歌路線に転向し、人気を博していたが1979年に旅券法違反で国外退去処分に。


 その後1984年に再来日、作詞・荒木とよひさ、作曲・三木たかしの代表曲『つぐない』で本格的な大ヒット路線に(以降の代表曲も荒木・三木によるものが多い)。


 その後『愛人』『時の流れに身をまかせ』で立て続けの大ヒットを飛ばした。


 そして、中国の民主化を支持していたテレサであったが、1989年の「天安門事件」でかねてからの夢であった中国本土公演の夢が本格的に絶たれ、絶望の中パリに住居を移し、翌年からは活動を休止した。


 その後は孤独な生活を送っていたといわれ、1995年に持病のぜんそくの静養で訪れていたチェンマイで死去。


 たった42歳での急死であったが、それは、彼女が絶えず歌い続けてきた“希望”を失ったからなのかも知れない。

 

<5月8日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ