顔の半分があざ… 難病「スタージ・ウェーバー症候群」女性が苦しみの果てに辿り着いた境地とは!? 勇気と感動の人生ヒストリー=米

顔の半分があざ… 難病「スタージ・ウェーバー症候群」女性が苦しみの果てに辿り着いた境地とは!? 勇気と感動の人生ヒストリー=米の画像3画像は、「YouTube」より

 しかし、チェルシーさんは医師の予想に反して34歳まで生き、2人の子供にも恵まれた。彼女は高校時代のいじめっ子たちが間違っていることを証明するため、自らの顔をネット上で公開することにした。これは長年の夢であったが、彼女には自信がなく、なかなか一歩を踏み出せずにいた。だが、ようやくInstagramやYouTubeなどを通して啓蒙活動を行っていく決意が固まったのだ。彼女は自分と同様の症状を抱えた子供たちのサポートもしており、自分の辛かった経験を活かして、子供やその親を支えている。

顔の半分があざ… 難病「スタージ・ウェーバー症候群」女性が苦しみの果てに辿り着いた境地とは!? 勇気と感動の人生ヒストリー=米の画像4画像は、「YouTube」より

「今では、自分の外見に対して完全に心地よさを感じています。そう感じられない人たちがいることを残念に思います」(チェルシーさん)

顔の半分があざ… 難病「スタージ・ウェーバー症候群」女性が苦しみの果てに辿り着いた境地とは!? 勇気と感動の人生ヒストリー=米の画像5画像は、「YouTube」より

 自分を肯定するチェルシーさんは、かつての自分のように苦しんでいる人たちに手を差し伸べ、差別や偏見と闘っていくのだろう。
(文=標葉実則)

参考:「YouTube」、「LittleThings」、ほか

文=標葉実則

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ