ラッパー「漢a.k.a.GAMI」逮捕の裏側! 「ラップ界が卸元と…」公私ともに仲の良い人物の反応は!?

関連キーワード:

,

,

,

,

ヒップホップ・ドリーム/鎖GROUP 

 若者を中心に高い人気をほこる有名ラッパー「漢a.k.a. GAMI」こと川上国彦容疑者(41)が大麻取締法違反の疑いで逮捕された。

 捜査関係者の話によると、「漢a.k.a.GAMI」こと川上国彦容疑者は2日に東京都新宿区内で乾燥大麻を所持した疑いで現行犯逮捕されたという。

 逮捕の情報はネットで前日に噂され、一部ファンの間では大騒ぎになっていた。

 その内容は

“地上波で放送済みだったフリースタイルダンジョンのインターネット放送が飛んでいる”

“フリースタイルダンジョンの一部の放映がインターネット番組から削除されている”

“削除された放映に全て「漢a.k.a.GAMI」こと川上国彦容疑者が出演している”

“前に大麻取締法違反で逮捕された出演者と同じパターン”などだ。

 これにより、ネットでは逮捕が既成事実とされていた。

「元々「漢a.k.a.GAMI」こと川上国彦容疑者のラップは大麻に関する内容の歌詞が多く、ほかの芸能人と違って、逮捕と聞いても、それほど驚きはありません。しかも、ラップ界隈は今かなり狙われていますからね。なんでも、ラップ業界が大麻の“卸元”と密接な関係があるそうで」(大手週刊誌記者)

 今回トカナでは、漢a.k.a.GAMIと公私にわたって交友関係をもつ人物に取材した。

「実は、先日も漢a.k.a.GAMIと話したんですけどね。そのときは全く大麻のことなど話題になりませんでした。今回は大麻を持っていて現行犯逮捕なので言い訳はできませんが、しっかり反省して今後を見据えた活動をしてもらいたいですね」(関係者)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ