「私は新型コロナに間違いなく勝てる」元がん患者が断言、絶対的自信の背景にある〇〇摂取を暴露! 最強の健康体になった秘密とは!?

「私は新型コロナに間違いなく勝てる」元がん患者が断言、絶対的自信の背景にある〇〇摂取を暴露! 最強の健康体になった秘密とは!?の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 各国を大混乱に陥れた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック。米ジョンズ・ホプキンス大のまとめでは全世界の感染者は400万人を突破し、死者も28万人を超えている(5月11日時点)。日本だけを見ても感染者は1万5千人以上、死者も600人を超えた。そんな中、感染リスクを大幅に低減でき、かつ医学的なエビデンス(証拠)も揃っているという有効な手段がある。そのことを、がんを患った筆者の実体験も含めて紹介する。


■「見える女性たち」に命を助けられた

 まず私事から始まるが、筆者は1年ほど前、過去に何度も紹介してきた2人の「見える女性」たちに指摘されたことがある。地震をピンポイントで予測・的中させるリシルさんと、予知夢をよく見る秋田県の明菜さん(仮名)で、ほぼ同時期に「百瀬さんが胃を押さえているのが見える。気を付けて」と言われたのだ。そして、心配になり胃腸クリニックを受診したところ、大腸にがんが見つかった。昨年のがん切除手術で根治したが、医師からは早期発見できて運が良かったと言われた。こうして、2人の女性に命を助けられた形になった。


■がんになった原因を執念で突き止めた

 とはいえ、このように不思議な幸運が今後も続くとは限らない。そこで筆者は、大腸がんになった原因を徹底的に調べ上げることにした。その結果、最大の要因が“ビタミンD不足”にあったことを突き止めた。普段は1日中家にこもって執筆作業に追われているため、日光に当たる機会が減っていたことも一因だろう。

「私は新型コロナに間違いなく勝てる」元がん患者が断言、絶対的自信の背景にある〇〇摂取を暴露! 最強の健康体になった秘密とは!?の画像2
イメージ画像:「Getty Images」

 このビタミンD欠乏が、がんも含めあらゆる現代病の原因となっていることは、最近の研究成果であるため、まだあまり知られていない。がん治療の最前線で活躍する医師の一人・古川健司氏が著した『ビタミンDとケトン食 最強のがん治療』(光文社)では、氏が勤務する病院のがん患者146人の血中ビタミンD濃度を調べたところ、90%以上にビタミンD欠乏症が見られた。ビタミンDは体内でホルモンのように働き、免疫の機能を調整・維持する重要な栄養素だが、欠乏によって免疫力が弱まり、がんなどの発病リスクが高まるのだ。

 さらに古川医師は、ビタミンDについてがんや新型コロナのような感染症だけでなく糖尿病、認知症、アレルギー、骨粗しょう症、脳卒中、心筋梗塞、高血圧、うつ病など、あらゆる現代病の予防にもなると力説する。

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ