【緊急・新型コロナ】ロシアで医師約30人が次々窓から転落! 4人のプーチン、死んだ中国人研究者の真実…諜報機関関係者が暴露!

 新型コロナウイルスのパンデミックの影で様々な陰謀が蠢いている。世界で今、何が起きているのか? 某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤氏が緊急インタビューに応じ、その内幕を解説してくれた。

【緊急・新型コロナ】ロシアで医師約30人が次々窓から転落! 4人のプーチン、死んだ中国人研究者の真実…諜報機関関係者が暴露!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

──アメリカとロシアで新型コロナウイルス関連のキナ臭い事件が起きているということですが、何があったんですか?

ジェームズ斉藤氏(以下、ジェームズ) まず、ロシアの話からいきますと、医療関係者の転落死亡事故が相次いでいます。4月24日に女性医師がモスクワの病院の窓から転落して即死、翌25日にはシベリアの医師が病院の5階の自分オフィスの窓から転落して重体となって5月1日に死亡。5月2日にはモスクワの救急隊員が病院の2階の窓から転落して肋骨と頭蓋骨を骨折して、いま集中治療室にいますね。

──確認なんですが、ロシアの病院の窓って落ちやすいつくりなんですか!?

ジェームズ そんなことありません。でも、先週ぐらいから急に人が落ち始めているんですよ。これで思い出されるのが旧KGBの「濡れ仕事」です。「濡れ仕事」とは英語でwet affairsと書くんですが、血塗られた仕事という意味の、一言で言えば暗殺案件ですね。で、旧KGBの「濡れ仕事」といえば転落死なんですよ。トランプの選挙のときにもロシアゲート疑惑というのがあったと思いますが、あの時も屋上や窓から、のべ30人ぐらいの人たちが転落死してますね。

──では、今回のロシアの3人も「濡れ仕事」の可能性があるんですね。

ジェームズ ありますね。なにしろ、転落した3人はロシアの医療体制に対してSNSなどで公に不満を表明したばかりなんです。それが一週間のうちに3人とも病院の窓から転落って不自然すぎるでしょう。

──今、ロシアの医療体制ってそんなに悪いんですか?

ジェームズ ロシアは元社会主義の国ですから国民皆保険なんですが、病人の数に対して病院の数もスタッフの数も最初から全然足りないんですね。そこに今回の新型コロナウイルス騒動で受診者が一気に増えて医療崩壊が起きてるんです。実際、医師や看護師の中には新型コロナウイルスの陽性反応が出ているのに休ませてもらえず、医療行為を続けさせられている人が結構いるようで、今回転落死した3人のうちの1人がまさにそうだったようですね。公式発表ではありませんが、ロシアの医師グループがまとめた数字によると、パンデミックが起きてからすでに111人の医療関係者が死亡しています。

──111人全員不審死なんですか!?

ジェームズ 過労死か、新型コロナウイルスによる死亡か、不審死かというところじゃないですかね。ともかく。ロシアは情報統制の国ですから公然と体制批判をする人間には容赦しません。それに、いまロシアでは、停止していた産業プラントの再稼働を5月の中頃に計画しています。そのタイミングで「実は医療崩壊が起きてます」という告発は邪魔以外の何者でもありませんから、“濡れ仕事”の出番になってしまうんですね。まあ、「余計なことは話すなよ」という医療関係者へのメッセージですね、これは。

──なるほど、わざと不審死にしてるんですね。ところで、先日ロシアの首相がコロナの陽性反応が出ていましたが、プーチン大統領は大丈夫なんですか?

ジェームズ プーチンは今67歳ですから、新型コロナウイルスにかかると死亡する可能性は十分にあるでしょう。しかし、これも金正恩体制と同じで、“プーチン”が死ぬことはありえないんです。前にもお話したと思いますが、プーチンには現在、耳の形が違う4人のプーチンがいます。ですから、本物のプーチンが死んだとしても、いくらでも代わりがいますから、プーチン体制は維持されます。何も心配はいりませんね。

【緊急・新型コロナ】ロシアで医師約30人が次々窓から転落! 4人のプーチン、死んだ中国人研究者の真実…諜報機関関係者が暴露!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで