「新型コロナの情報を出すな」中国がWHOに指示していたと発覚! 10月に武漢研究所が突然閉鎖していた事実も!

テドロス事務局長(左)、習主席(右)。画像は「Daily Star」より

 やはりWHO(世界保健機関)は中国に“忖度”していた可能性が浮上した。英紙「Daily Star」(5月10日付)によると、今年1月21日に中国の習近平国家主席が、WHOのテドロス・アダノム事務局長に“個人的なお願い”をしていたというのだ。

 同スクープをすっぱ抜いたドイツ誌「デア・シュピーゲル」によると、ドイツ連邦情報局からの情報で、習主席はテドロス事務局長に、「ヒトからヒトへの感染に関する情報を保留し、パンデミックの警告を遅らせるよう求めていた」ことが分かったという。

 1月24日からは中国の大型連休である春節(旧正月)が始まったことで、1月下旬から中国からの渡航を制限していた台湾を除き、世界中に新型コロナウイルスがばら撒かれた。そして結局、WHOがパンデミックを宣言したのは12万人以上の感染と約4000人の死亡が確認された3月11日を待ってからである。これほど対応が遅れたのも、習主席の“お願い”があってのことだったのか?

 中国が初期の情報を隠蔽したことで新型コロナウイルス対策が4〜6週間遅れたとも言われているが、中国の対応を称賛するばかりのテドロス事務局長に疑惑の目が向けられるのも仕方のないことだろう。

武漢ウイルス研究所。画像は「Daily Star」より

 また、WHOは新型コロナウイルスの発生源として、頑なに自然発生説を唱えているが、これも怪しい。5月10日付の「Daily Star」によると、英「NBC News」が入手した武漢ウイルス研究所の携帯電話記録で、昨年10月7日〜24日まで同研究所の高セキュリティ施設で通信記録がなく、閉鎖されていたというのだ。これは、10月6日〜11日の間に「危険な出来事」が起こった可能性を示しているという。先日、アメリカのドナルド・トランプ大統領が、「新型コロナウイルスの発生源は武漢ウイルス研究所である決定的な証拠を公開する」と宣言したが、やはり新型コロナウイルスは武漢ウイルス研究所から流出したものなのだろうか?

 いずれにしろ現時点では「決定的な証拠」の公開を待つしかない。トランプ大統領はいつ切り札を切るのか、固唾を飲んで見守りたい。

 

参考:「Daily Star(5月9日付)」、「Daily Star(5月10日付)」、ほか

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

「新型コロナの情報を出すな」中国がWHOに指示していたと発覚! 10月に武漢研究所が突然閉鎖していた事実も!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル