5月12日は人類初の大西洋間無着陸飛行に成功したチャールズ・リンドバーグの長男の遺体が発見された日! 謎多き身代金誘拐殺人事件

(写真はWikipedia Lindbergh kidnappingより。Public Domain)

『誘拐されたリンドバーグの長男の情報を募るポスター』

 1932年5月12日は、人類初の大西洋間無着陸飛行を1927年に成し遂げたアメリカのパイロット、チャールズ・リンドバーグの長男が自宅近所から遺体となって発見された日である。


 彼がその富と名声をほしいままにしている絶頂期に、長男・リンドバーグ・ジュニア(1歳)の誘拐殺人事件が発生。


 長男は自宅から忽然と姿を消し、代わりに身代金5万ドル(1927年の飛行で手にしたオルティーグ賞の賞金は25000ドル)を要求するノートが置いてあった。


 だが、10日間の捜索と身代金の受け渡しまでをやった末に、長男はリンドバーグ宅の近所で遺体となって発見されたのだった。


 事件の2年後、身代金の紙幣を使用したことから容疑者は捕まり、その男はブルーノ・リチャード・ハウプトマンというドイツ系移民の大工だと判明。


 ハウプトマンは最後まで無罪を訴え続けたが、1936年に死刑となった。


 しかし、この事件は様々な疑いがかけられている“怪事件”のひとつで、現在でも様々な憶測を呼んでいる。


 たとえば、ハウプトマンの逮捕後も身代金の紙幣は流通し続けており、身代金の受け渡しを買って出たジョン・コンドンの犯人側との会話、やりとりもどこか釈然としない。


 挙げ句の果てにはリンドバーグ家の家政婦が捜査中に服毒自殺をするなど、リンドバーグ自身にも嫌疑がかけられる有様なのである。


 さらにリンドバーグがフリーメーソンの会員、ナチスとの交遊など、生前に知られていなかった様々な顔を持つ“偉人”であっただけに、この事件を巡るミステリーは、今も動き続けているのだ。

 

<5月12日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ